心理学と精神医学

怒りの発作

怒りの発作 - これは人の怒りの極端な形の現れであり、文字通り内側で破裂しています。激怒の攻撃は破壊的なエネルギーの流れによって特徴付けられ、否定的な感情は彼らの行動を分析する能力を無効にすることによって特徴付けられます。不合理で突然の攻撃は他人の間で混乱を招くだけでなく、個人の不安も引き起こします。自分の感情に対処するには、その原因を突き止めるとともに、攻撃性を取り除くための効果的なテクニックを習得する必要があります。

激怒の原因

決して怒らず、常にバランスの取れた状態を維持する人はいません。不当な上司、交通渋滞、悪天候、幼稚ないたずらなど、何でも轍から抜け出すことができます。しかし、怒りと怒りは一つのことであり、怒りと怒りの制御不能な突然の発作はまったく別のものです。

激怒の怒りは通常、人に深刻な破壊的な影響を与えずに去りますが、突然の激しい攻撃の際に人が周囲の人を苦しめて苦痛を与えることができる場合、これはすでに感情をコントロールしていないことを示します。原則として、怒りの暴力的な出現は、外部の刺激に対する人間の精神の正常な反応に起因しています。制御されていない攻撃の兆候に対処することははるかに困難です。

怒りの攻撃は、感情的および生理学的の両方の状態を指します。それは皮膚の脈拍数、発赤または蒼白の増加として現れる。これは、大量のエネルギーが体内に入るためです。それはどこかに置く必要があります。

否定的な感情を自ら抑制することは有害であるという意見があります。これは事実ではなく、科学者はそれを証明しています。当面の環境での怒りと怒りの形での否定的な感情の混乱は、侵略者に大きな喜びを与える薬に似ています。身近な人が頻繁に失敗すると、それを常にやりたがるようになります。時間が経つにつれて、その人自身は、彼が無意識のうちに彼が攻撃に陥る状況を引き起こしていることに気づきません。そのような特徴に気づいている普通の人々はそのような人を敬遠し始めます、そして次に彼は同じ不均衡で怒りの爆発を崇拝する社会を見つけます。

怒りと怒りの攻撃

否定的な感情は、障害物(外部または内部)に対する破壊的な反応の形で現れます。この場合、障壁はしばしば人を怒らせます、そして激怒それ自体はこの障壁を破壊するという信じられないほどの願望を伴います。バリアは無生物でもアニメでもありえます。怒りの外観は、個人を怒らせる怒りの外観と関連しています。それに対処しようとする試みは失敗のままで残り、怒りは激怒に成長します。

怒りは、そのような状況には適さず、それに対処することが可能であるという感覚を与えます。それは特定のポイント、つまりターニングポイントまで成長します。その後は、落ち着かせるための感情の強度が低下するか、攻撃の形で現れる急激な上方へのジャンプが発生します。一般的な安定表現は広範囲にわたり、怒りで窒息しています。これが怒りの始まりの出発点です。

この状態は、神経の圧迫、呼吸不足によって特徴付けられます。否定的な感情は常に身体活動への欲求を伴っています:戦い、ジャンプ、走り、スマッシュ、ブレイク、手を拳に押し込む。

攻撃は特定の表情で特徴付けられます。

- 眉毛を下げて平らにする。

- 攻撃の目的に焦点を当てて、目を広げた。

- 鼻に水平方向のひだが形成されている。

- 空気の流入と電圧による鼻翼の拡大

- 吸入しながら高さで口を開け、素手で。

怒りの攻撃はヒステリーとよく似ています。それらは、例えば、人の精神を危険な状態にすることによって感情を表現するこれらの極端な形が有機的な変化を持たないという事実によって結束されています。

長期にわたるヒステリーや激しい怒りが健康に深刻な害をもたらします。これは意識の喪失、脳卒中、ショック、心臓発作、手の麻痺、一時的な難聴、失明などです。

男性と女性の怒りの発作

男性の体内のホルモンの嵐は否定的な感情の現れを引き起こす可能性があります。過剰なテストステロンは、男性を最も攻撃的にします。そのような行動は現代の男性が彼らが彼らの領域を守らなければならなかったときに中世以来受け継いだ遺伝的要因に帰されます。男性における攻撃性の原因のない発生は、精神的領域における問題に起因しています。

治療、怒りの発病の予防には、社会的および医学的要素が含まれます。 1つ目は、この状態の開始を目撃したことのある他人の有能な行動に関連しています。 2つ目は、医療機関の専門家へのアピールです。

男性のように、人類の女性の半分における制御されていない暴力的行動の原因は、生理学的な様々な逸脱、体性疾患です。たとえば、脳の怪我や腫瘍、代謝障害は、発作の起点となる可能性があります。行動を取らないで心的外傷後ストレス障害を起こしても、同じ結果がかなり簡単に引き起こされます。しかしながら、逸脱した行動に対する女性の身体の生理学的素因を知ることで、女性におけるこの状態の徴候を防ぐことが可能であり、そして可能であれば予防的措置さえもとることが可能である。

子供の怒りの発作

個人の活動を調色する感情の生理学的根拠は主に覚醒の過程であり、恐怖のようなそのような否定的な感情の根拠は抑制の過程である。小児期には、子供の覚醒は抑制よりも有利であり、それによって子供の感情的過敏性を決定します。

就学前の年齢の子供は完全に他人の気分に移され、子供は泣くことができますが、笑うために数分後。子供たちにとって、感情の素早い変化は普通の反応です。両親がこれを覚えていて無駄にパニックにならないことが重要です。徐々に、何年にもわたって、神経プロセスのバランスが発達し、そして感情は安定して適度になります。親は子供が常に大人をコピーしようとしていることを考慮に入れるべきです。そして、彼がヒステリーと発作の助けを借りて、本当に自分の目標を達成するためにそれに気づいたら、彼はそれを絶えず使います。

子供の怒りの発作にどう対処するか?外傷性の幼稚な状況を作り出さないでください、あなたの小さなものと不快な、不快な会話をしないでください。否定的な感情の脅威で、重要な瞬間を滑らかにし、他のトピックで子供をそらす。

学校のチームの影響で発生した、子供のヒステリーが頻繁に繰り返されるので、あなたは学校に行かなければならず、その理由が何であるかを知りません。

ヒステリー発作が子供の健康に脅威を与える場合は、教育機関またはこのクラスでの滞在の終了を決定する必要があります。

激怒の治療

まず、与えられた人間の状態の真の原因を評価することが必要です。

第二に、あなたは怒りの始まりと落ち着いた状態の間の一定期間を追跡することを学ぶべきです。なるべく早く落ち着かせるために、あなたは少し目を閉じて外の世界から抜粋しようとするべきです。すべての発作は急速で浅い呼吸によって特徴付けられます。したがって、この状態と戦うために、あなたはあなたの呼吸をコントロールすることをマスターしなければなりません。深くてゆっくり息をすることは落ち着くことができます。将来、人が否定的な感情のアプローチを感じるようになるとき、あなたは鏡に行き、どの顔面筋肉が緊張しているかを正確に見る必要があります。落ち着いた状態では、顔の筋肉をコントロールするスキルを身につけるべきです - リラックスして、そしてまた緊張しなさい。次回の怒りと怒りの発生時には、顔面の筋肉をリラックスさせる必要があります。

第三に、否定的な感情を引き起こす人々の集まりを避けることが必要です。

第四に、攻撃が育成によって引き起こされるのであれば、迷惑な状況は避けなければなりません。飲酒からアルコールを排除し、楽しいことを考え、より頻繁に自然を訪ねて、常に良いことを言ってください。カモミール、ペパーミント)。

理由のない怒りの攻撃は気を散らすものや楽しいものに注意を切り替えることで排除することをお勧めします。

否定的な感情の身体活動(ジョギング、スウィングプレス)を取り除くのに効果的です。怒りを捨てることが急務なので、一人でいる必要があります。それは壊れる、粉砕する、ハンマーで働く、枕を打つものであるべきです。彼らは攻撃性を誘発するので、スパイシーな食べ物やアルコールを排除し、適切な栄養に非常に重要な与えられるべきです。攻撃が解決されずに制御されないままになる場合は、専門家に連絡してください。

多くの場合、患者の親戚は、彼らが怒りの発作を経験している場合にどの医者に目を向けるべきかに興味を持っています。多くの場合、苦しんでいる人は自分自身を普通の人と見なし、自分の親戚から提供された援助を否定します。この場合は、怒りと怒りの状態に近づかないようにしてください。彼の後ろに突然の気性、激怒、怒りのような特徴を知って、彼自身を拘束して、彼に屈してください。