心理学と精神医学

コミュニケーション文化

コミュニケーション文化 - これは、コミュニケーションの品質と完全性のレベルを決定する複雑な総合的概念です。コミュニケーション文化は個人の文化の不可分の一部と考えられています。それは価値の方向性と規範的な仮説、コミュニケーションの道徳的モデル、コミュニケーション的相互作用の主題の道徳的および心理的な資質の本質、方法、道具、規則、技術およびコミュニケーションの形態を特徴付ける。

コミュニケーション文化は、実践的なテクニック、メカニズム、そしてルールのセットを含みます。コミュニケーションの文化的な性質により、個人は、プロとして活動的な領域における対立の状況を対人的相互作用の感情的 - 個人的領域に移さず、相手方の行動の意味と動機を理解し、関係における過度の感情的な急上昇を完全に排除します。

音声とコミュニケーションの文化

人としての個人の発達と形成において、スピーチとコミュニケーションの文化は重要です。文化は言語の鏡です。なぜなら、それは個人を取り巻く現実、その存在の真の条件、人々の国民意識、精神、伝統、習慣、道徳、道徳的価値観、世界観、世界の見方を反映しているからです。

言語は一種の財務省または貯金箱文化です。語彙、文法、ことわざ、ことわざ、民間伝承、文学などの構成要素による文化遺産や価値を維持し、維持します。書き方や話し方。

スピーチは、個人の文化の程度、彼の思考活動、および知的発達の最も重要な指標の1つとして役立ちます。それは現代社会における人間活動の極めて重要な側面の一つであり、現実を知る方法です。スピーチは、社会が公的生活、メッセージの交換、認識、および教育において共同で指示された活動のために必要とする一種のコミュニケーション相互作用の1つです。それは芸術の対象として機能し、精神的にその人格を豊かにします。

個々のスピーチ活動の生活の中で最も重要な位置の一つを占めています。確かに、それがなければ、専門的なスキル、一般的な文化的発展、そして対人関係の習得はほとんど不可能です。有能に会話をする能力は、社会現象としての主な人格特性の一つです。

同時に個人間のコミュニケーションのやりとりは、社会心理学的なつながりとメッセージを放送するための一種のチャンネルになります。話者のスピーチコミュニケーションの結果はテキストです。テキストは口頭および書面で表現することができます。その主な特徴は、整合性、接続性、およびセマンティック負荷の存在です。音声品質の概念も重要であり、コミュニケーションの有効性を保証し、個人の音声文化の程度を特徴付けるものです。

社会全体のスピーチ文化と個人を区別します。個々の主題のスピーチ文化は個人的であり、社会の言葉による文化の分野でのエリュージョンのレベルに対する正比例の依存を特徴とし、そしてこのエリュージョンを使用する能力を実証する。それは社会の言葉による文化の一部を借りて採用するが、同時にそれはこの文化よりもはるかに広い。社会の言葉による文化は、最高の切手、サンプル、モデル、スピーチの相互作用のパターン、文学的古典の形成および文学的スピーチの規範の遵守の選択、収集および保存です。

それで、コミュニケーションの相互作用の心理的な性質を考慮すると、我々は以下の結論を引き出すことができます。コミュニケーションは個人の精神活動や行動の一形態です。コミュニケーションは、被験者間の対人関係です。人々のコミュニケーション的相互作用では、パーソナリティ精神の個々の特性、その気質の特徴、および他の心理学的および類型論的な特徴が明らかにされています。個人の個性はコミュニケーションの過程でのみ発達します。だからこそ、母国語を習得し、言語規範を習得し、活発な口頭での対話における言語の雄弁なツールを向上させることを含む、コミュニケーションの文化を適切に育成することが非常に重要です。

スピーチカルチャー

パーソナリティカルチャーは最もカラフルで、彼女のスピーチで表現されています。原則として、個人についての最初のアイデアと意見は、彼と会話可能な彼のスピーチ方法との相互作用の結果として生じる印象に基づいて形成されます。コミュニケーションの文化を育むことは現代社会において教育の最も重要な仕事の一つとして考えられています。そしてそれは母国語の発達と関連しています。結局のところ、文学言語の豊富さ、その絵のようなカラフルな手段の適切な使用は、個人的な言語能力の程度を決定し、その全体的な文化の最も明確な指標です。

高い文化的スピーチとは、言葉で、自分の考え、世界観を正しく、正しく、はっきりと、そして表現力をもって伝える能力です。また、より単純でわかりやすい定式化、より関連性の高い、特定の状況に適した定式化、位置または観点の議論のためのツールを見つけることもできます。スピーチの文化的な性質は、個人が義務的な規範、方法、および規則を遵守することを義務付けています。その中核は、内容(本質)、一貫性、妥当性(証明)説得力(議論性)、明瞭さ(明瞭性)、明快さです。

内容(エッセンス)は、レプリカの予想される最大の情報内容です。結局のところ、修辞学の芸術は正確に必要なことすべてを言うことができるということですが、それ以上ではありません。

論理性は、有効性、矛盾のないこと、および一連の文の中で成り立っています。そこでは、主要な論文、式が結び付けられ、1つの位置に従属しています。

証拠(妥当性)は議論の妥当性にあり、議論される主題または主題が現実に存在し客観的な性格を持っていることを対話相手に明確に示すべきである。

説得力(議論性)は、パートナーを納得させ、与えられた信念に対する彼の意識の持続的な定着を達成する能力で表現されます。

したがって、明瞭さ(明瞭さ)は、明瞭さと言明の明瞭さを意味します。速すぎるスピーチは通常知覚するのが難しく、遅すぎる - いらいらさせるだけです。鈍さと圧倒的さを特徴とする言論は退屈を引き起こし、最も思慮深い声明でさえも死に至るでしょう。

理解とは、対話者によって理解されるであろう用語、概念、単語の使用です。

コミュニケーション文化の形成

コミュニケーション文化の形成は、家庭でも学校でも、教育の最も優先される分野の1つと考えられています。結局のところ、教育と育成のプロセスは、個人的な生活活動の対象としての個人の発達に焦点が当てられています。教育的コミュニケーションの文化は、学生のコミュニケーション的相互作用の共通の文化を形成するための理論的かつ実用的な基礎を開発するように設計されています。そして、彼ら自身のスピーチを巧みに構築し、他の人と対話し、適切に対人関係を築き、両親が子供の中でコミュニケーションの文化を効果的に教え込むことを可能にする能力。

通りの普通の人々のレベルでは、コミュニケーションと行動の文化は、個人が平等であるべきである独特のモデルとして理解されています。文化的アイデンティティは、その教育、知性、知性と関連し、特定の個人的財産としての資格を得ることがあります。しかし、理論のレベルでは、文化は社会の特定の特性であり、環境と社会に対する個人の関係によって決定される、人類が到達した歴史的発展の程度を表しています。また、多くの人は文化を個人および社会全体の創造的表現として捉えています。

言い換えると、人の文化的アイデンティティーは、一連の素材、精神的なランドマーク、価値観、その発展の度合い、生産における創造的活動、価値観の蓄積、同化、伝達として理解されています。より広い意味では、文化はイデオロギー的および公理的側面を網羅し、環境に対する態度を決定する安定した人格特性です。

コミュニケーションは社会の主題間の相互接続と相互関係のプロセスであり、それは別々の個人と社会集団であるかもしれません。

コミュニケーションの相互作用の必要性は人々だけでなく、ほとんどの生き物にも固有のものです。当初、このような乳児の必要性​​は動物の必要性と類似していますが、間もなく、発達の過程で、それは人間の性格を獲得します。子供たちのコミュニケーションは、大人が子供たちに何を望んでいるのかという理解と密接に関係しています。

コミュニケーションの相互作用の過程で、個人と社会の生計が確保され、社会的主体の構造と本質が変化し、個人は社会化され、意識を与えられた社会的実体としての個性に変わります。集団的活動を担うのはコミュニケーションです。

コミュニケーション文化の本質には、対話を担当する特定のコミュニケーション技術の提供が含まれています。同時に、そのような相互作用の過程で、個人は互いに干渉し合うだけでなく、個人の尊厳と個人的な個性を保護するべきです。

内部的な信念、個人の見解となっている人格に重要な道徳的基準点のシステムは、形成されたコミュニケーション文化と呼ばれています。文化的コミュニケーションを効果的に実施するための避けられない条件は、さまざまな生活条件および社会環境の状況下での対人関係の手段の保有です。文化的コミュニケーションの形成の客観的な指標は、特定の人格特性とその行動、道徳、道徳、霊性およびエチケットの要求と調和的に調整された行動です。

コミュニケーションの相互作用の文化は、関係の形成と発達、個人間の様々な接触の最も複雑で多様なプロセスであり、メッセージ交換、相互接続の単一概念の形成、他者の認識と理解を含みます。

コミュニケーションの文化を形成するための6つの優先方向、目標、目的は次のとおりです。

  • 個々の持続可能な人格特性としての社交性。
  • 高レベルの個人的関係。
  • グループの高度な発展。
  • 共同主導型活動の高レベルの統合。
  • 学業成績、そしてその結果として、さらなる公共活動。
  • 教育、ゲーム、プロなど、さまざまな活動にすばやく適応する能力

音声文化とビジネスコミュニケーション

マネージャのワークフローの大部分は、さまざまな交渉、会議、会議、電話での会話によって奪われています。したがって、有能にコミュニケーションをとり、コミュニケーションを図る能力、ビジネスコミュニケーションのスキル、およびスピーチの文化的特徴に関する知識は避けられません。

日常のビジネスコミュニケーションに加えて、多くの専門家のキャリアの成長は、スピーチ文化の規範とビジネスコミュニケーションの相互作用の原則に従って会話を構築する能力に正比例します。さもなければ、対話は全く反対の方向に向けられることができ、そして有利な契約に署名する代わりに、あなたは無意味な会話を得る。商談を行う際の非専門家主義もまた、対話者が「講演者」と彼の職業資格について不利な意見を形成するという事実につながります。だからこそ、ビジネスコミュニケーションにおける経験とスキルの習得を非常に真剣に考えるべきです。

歴史的に見て、私たちの時代には、友好的な会話の間にフレーズを構築することの正しさに固執する人はほとんどいません。スピーチの読み書き能力に注意を払う人はほとんどいません。残念なことに、今日では会話の過程で、ほとんどの人が一般的な意味を伝えることのみを目的とし、フレーズの構成のリテラシー、単語へのストレス、またはこれらの単語の発音の正確さに注意を払わないという性向があります。今そのような話し方が日常生活で許容されるのであれば、ビジネスエチケットではそのようなアプローチは絶対に受け入れられない。

ビジネスコミュニケーションの成功は、スピーチのスタイル、そのイントネーション、表情、身体の位置、外観など、さまざまな要因の影響を受けます。ビジネスパーソンのコミュニケーションのステレオタイプとスピーチの文化は、それに従わずに特定のルールに従う必要があるのです。雄弁で熟練した話者にならないでください。以下が主なものです。

♦ビジネスパーソンは、多種多様な語彙を持つ必要があります。これにより、スピーチの壮観さと豊かさを与えながら、単語の再生と操作が容易になります。自分の視点を美しく提示したり、多様な語彙なしにアイデアの正しさを証明することは非常に困難です。

音声の構造も重要です。それは専門用語で薄めることができるスピーチの「純度」を固守することが必要です。ビジネスコミュニケーションで専門用語または文学以外の文を使用することはお勧めできません。

♦識字能力はコミュニケーション文化の重要な要素です。フレーズは、文法的および文体的なスピーチの規則を考慮して編集する必要があります。

♦ビジネスコミュニケーションでは、あなたの発音とイントネーションに注意を払うようにしてください。結局のところ、話者のスピーチの欠陥やイントネーションの助けを借りて最も重要な点を指摘できなかったために、周りの人々はフレーズの正しい意味を理解できないことがよくあります。また、言語以外の品詞の重要性についても忘れないでください。誤ったジェスチャー、姿勢または表情は、最も成功したプレゼンテーションまたは華麗なスピーチさえも損なう可能性があります。

まとめると、私たちは、自分の考えをはっきりと、有能にそして雄弁に表現する能力は、現代のビジネスおよび職業活動において絶対に不可欠であると結論づけることができます。

コミュニケーション文化とエチケット

今日のコミュニケーションと行動の文化には、独自の一般に受け入れられている原則があります。

  • スピーチの正確さ、それは彼らの位置を明確にそして明確に表現する能力です。
  • わかりやすさ。平均的なネイティブスピーカーにとってわかりやすく理解しやすい情報が必要です。
  • 言葉の純度。専門用語や寄生虫の言葉がない場合に表現されます。
  • 会話の表現力は、会話全体を通して、リスナーの注意と関心を維持することにあります。
  • 関連性は、ステートメントの目的と状況に応じて明示されます。

スピーチエチケット自体は、コミュニケーション文化の倫理的側面と一般に認められているコミュニケーション規範を意味します。それは、感謝、訴えまたは挨拶、要求または質問、「あなた」または「あなた」に対する訴えの関連性のスピーチ式を含みます。 1つまたは別の定式化の選択は、コミュニケーションの相互作用の過程にある個人の社会的地位、彼らの関係の性質、および状況の公式の地位に依存します。公式の状況では、何人かの人々が会話に関わっているときは、たとえ対話者がお互いによく知っていても、あなたは「あなた」について対話者に連絡するべきです。

ビジネスコミュニケーションの文化は、会話の始まり、その主要部分、そして会話の終わりという3つの段階から成り立っています。

会話の開始は、対話者がなじみがない場合に備えて、知人から行われます。このためには、「私にあなたに知らせてください」、「私にあなたに知らせてください」、「私はお願いします...」などの文言が適切です。対話者がお互いに親しんでいるならば、会話は挨拶で始まります。一般に受け入れられているエチケットの基準に従って、男性は女性、若い年齢の人 - 高齢者の人、社会的階層の低いレベルを占める人 - より高いものを占める人に最初に挨拶するべきです。

コミュニケーションの主要部分は、状況に応じて、会議が開始されたときに、会議と挨拶の後に始まります。あなた自身の住所への賛辞は尊厳を持ってとられるべきです。あなたが賛辞を与えられたならば、それからあなたはそれがあなたにとって楽しいことであることを示されるべきです、そしてあなたはあなた自身に対する立派な態度に感謝します。しかし、それは褒め言葉を浮気したり挑戦したりしない方が良いです。

Для коммуникативного взаимодействия необходима тема для беседы, которую согласны поддержать все участники процесса. 会話中は、個人的な話題について話すことを避け、あなたのビジネスやあなたの愛する人の事柄について話す必要はありません。また、虚偽の未確認情報やゴシップを流さないようにすることをお勧めします。プロセス内の個々の参加者だけが理解できるヒントを使用することは許可されていません。あなたは、対話者が理解する言語を話す必要があります。パートナーを中断したり、パートナーにプロンプ​​トを表示したり、パートナーのレプリカを作成したりする必要はありません。

コミュニケーションの終わりは、「あなたにとって最高の」、「さようなら」などの、一般的に認められている安定した「分離の言葉遣い」の使用によって特徴付けられます。

国際コミュニケーションの文化

異なる国籍の個人のコミュニケーションの相互作用は、私たちの惑星上に数千以上の民族コミュニティが存在することによって決定されます。世界のグローバリゼーションの現在の状況のた​​めに、民族間の相互作用は徐々に増加しており、それは必然的に国籍に基づいて様々な紛争の出現につながる。今日、最も深刻な社会問題の1つは、異なる国籍に属する個人間の関係の悪化です。

コミュニケーションの相互作用は、性格の形成と発達において最も重要な要素です。それはまた教育の中心的な手段としても機能します。コミュニケーションの相互作用は、個人の行動、他者との関係、社会を調整し、感情の意図的かつ意図的な調整、感情的な態度、行動、価値および精神的志向、評価のための条件を整えます。

生計の面でのさまざまな国籍の代表者の相互作用、関係および関係の定義。その間、個人はさまざまな国の労働組合に属し、さまざまな宗教的信念を固く守り、情報、経験、知識、精神的および道徳的価値、態度および感情を交換します。民族間コミュニケーション。

異人種間のコミュニケーションは3つのレベルで行うことができます。対人関係個人間、州間、すなわちそれぞれグループ間で、1つの状態とグループ間で。個人の教育システム、彼らの文化的伝統、習慣による対人間およびグループ間の交流。

今日、民族間関係の3つの特徴を識別することができます。彼らは友好的、中立的、そして矛盾しています。

民族間コミュニケーションは、異なる国籍の代表者の関係、相互作用および相互関係の表現の特定の形として表現することができます。民族間コミュニケーションに入ると、個人は国家意識、文化、言語および感情の独特の保因者として行動します。したがって、国際コミュニケーションの文化の形成は今日非常に重要です。

異人種間のコミュニケーション的相互作用の文化の形成は、一般的に異人種間の関係を調和させる最も重要な手段の1つです。

「国際コミュニケーションの文化」の概念にはいくつかの解釈があります。

♦異民族間コミュニケーションの文化は、特別な信念、知識、信念、スキル、そしてそれぞれの行動や行動の複合体として表現され、それは対人関係の接触と民族統一の相互作用に同時に現れ、異文化間の能力に基づいて相互理解を達成する。一般の利益との調和

♦異民族間コミュニケーションの文化は、社会の霊的生活の構成要素、一般に受け入れられている規範の知識、特定の社会における確立された行動規範、民族間の表明に対する前向きな感情的反応および人生活動の過程として表現することもできる。

♦国際的なコミュニケーションの文化は、個人と人々が彼らの権利を侵害されないようにすることを可能にする特定の規則のセット、制限のセット、権利と自由をカ​​バーします。これに沿って、異人種間のコミュニケーションの相互作用の文化は、人々が他の国の感情や権利を傷つけたり、怒らせたり、害を与えたりしないように手助けするべきです。

♦次に、国際コミュニケーションの文化は、異なる国籍の代表者の特別なタイプの文化であり、国民文化の相互作用を特徴としています。これは、国民的アイデンティティ、忍耐力、タクト、そしてすべての分野における民族間の調和への願望に現れます。

寛容の概念は、異人種間のコミュニケーション的相互作用の文化の本質を特徴付ける中心的概念の1つです。トレランスは文字通り忍耐を意味します。現代の世界では、寛容は社会生活の絶対的にすべての分野で人々の間の建設的なコミュニケーションの理由の一つとして理解されています。それは市民社会の規範として行動することを意図しています。しかし、寛容性はまた、各個人の個々の特性、両当事者の相互の尊重および平等の保護に基づいて、社会の構成員の積極的な相互関係に現れる個人の不可欠な自己表現と見なされます。

民族間の寛容性は、異なる民族グループを代表する個人に対する単なる許容可能な態度よりもはるかに深く理解されています。この概念の本質には、霊性、道徳、普遍的な道徳の原則が含まれています。これらは、あらゆる民族の権利と自由を尊重し、不可欠の尊重をしながら、直接相互作用します。

異民族間のコミュニケーション的相互作用の文化を形成すること - これはいくつかの問題を解決することを意味します、すなわち:

  • 国籍、国の文化および尊厳の代表者に対する尊重を促進する。
  • 彼の民族的または人種的な同盟関係にかかわらず、あらゆる個人の感情的な経験、感情、尊厳に対して、慎重で尊敬される態度を形成すること。
  • 寛容、愛国心および市民権の教育。

このように、教育的コミュニケーション、ビジネスコミュニケーション、異人種間のコミュニケーションおよび対人的コミュニケーションの文化は、人の個性を狂わせるものです。あらゆる種類と方向性のコミュニケーション的相互作用の文化は、親切、霊性、道徳に基づいています。