心理学と精神医学

通信の概念

通信の概念 多くの状況に依存している個人のコミュニケーション相互作用の複雑で多面的なプロセスを意味します。コミュニケーションの有効性は、有効、無効、または完全に無効です。コミュニケーションはさまざまなタイプ、形式であり、特定の方法と方法があります。どのような種類の通信も密接に相互接続されており、他との不可分性を特徴としています。

コミュニケーションを効果的にするために、3つの必須基準を守らなければなりません。コミュニケーションの相互作用の最初の基準は、少なくとも2人の個人がコミュニケーションに参加しなければならないことを意味します。言い換えれば、いかなる通信対話も、情報を送信している主体と宛先との存在を前提としている。第二の不可欠な条件は、会話の共通の主題または話題の存在です。 3番目の条件は、コミュニケーションの2つの主題によって所有されている共通の(同一の)言語システムの必要性です。

コミュニケーションの概念と種類

心理学におけるコミュニケーションの概念は、コミュニケーションの対等なパートナーである個人間で実現される活動の形態を指し、精神的相互作用の出現をもたらします。

コミュニケーションの概念には、メッセージの交換、お互いの会話における同志の認識と理解が含まれます。コミュニケーションの対象は人です。コミュニケーションはすべての生物にとって典型的ですが、コミュニケーションプロセスが意識しているのは個人のレベルでのみです。関連する言語的および非言語的行為。情報を送信するエンティティはコミュニケータと呼ばれ、それを受信することは受信者と呼ばれます。

コミュニケーションの相互作用では、本質、タスク、手段といったいくつかの側面を選び出すことができます。コミュニケーションの本質は、対人関係の接触がある存在から別の存在へと伝達されるという情報にあります。そのような情報は感情的な気分、環境条件についての情報を伝達することができます。

コミュニケーションの仕事は質問に答えなければなりません - クリーチャーはどのような目的でコミュニケーションの過程に入りますか?このような目標は非常に多様であり、社会文化的、創造的、認知的、美的、道徳的、その他のニーズを満たすためのツールを表しています。

通信ツールは、作成から別の作成への通信インタラクション中に送信されるメッセージを暗号化、変換、変換、およびデコードするための方法です。メッセージの暗号化は、いわゆるデータ転送受信です。個人間の情報は、スピーチ、感覚、その他の手話システム、書き言葉、データを記録および保存するための技術的メカニズムを通じて伝達されます。

コミュニケーションの相互作用には、治療的、対人的、直接的および間接的、グループ間およびグループ間、大量、親密および犯罪行為、機密および対立、ビジネスおよび個人間、非暴力などのタイプのコミュニケーションが含まれる。

教育的コミュニケーションの概念

教育的コミュニケーションとは、教師と学生の間の特定の対人関係を意味し、それは知識の同化と教育活動の助けを借りた人の発達を仲介します。

心理学におけるコミュニケーションの概念は、質、状態、行動、およびパートナーの個人的で意味のある形成の重要な変化に焦点を当てて、重要なツールによって実装された教育活動の主体の相互に向けられた行動として描かれています。コミュニケーションの外側で確立された研究目標と教育プロセスを達成することは不可能であるので、コミュニケーション相互作用は教育活動の不可分の要素です。

教育的コミュニケーションの中心的な目標は、社会的能力と専門的な情報、能力、スキル、そして経験から教員への経験の伝達にあります。同時に、それはまた、現象、物、物、そして全体としての生活環境に関連した個人的な意味的な負荷の交換から成り立っています。

教育的コミュニケーションの情報機能に加えて、他のもの、例えば接触、動機付けおよび感情的なものが区別される。

接触機能は、相互に関連性を一定の相互に向けられた方向の形態で維持しながら、教育情報を送受信するための二国間の準備状態としての相互接続の確立を含む。

インセンティブ機能は学生個人の活動を刺激することにあり、それは彼に必要な訓練活動を実行するように指示する。

感情的な機能は、要求される感情的な経験 - いわゆる感情の交換、さらには個人的な経験や気分の変化を通じて、学生に刺激を与えます。

教育的コミュニケーションの最大の価値は、教師、教師、そして学生の個性であると考えられています。

コミュニケーション倫理の概念

「コミュニケーションの倫理」という用語が何を意味するのかを理解するためには、「コミュニケーション」と「倫理」の基本概念を別々に検討する必要があります。

狭義のコミュニケーション相互作用は、口頭および非口頭のコミュニケーションツールを通じた個人の相互作用です。そして倫理は道徳と倫理を研究する分野です。したがって、コミュニケーションの倫理はコミュニケーションの価値、その特徴(美徳と悪徳)、そしてテクニックの道徳的、道徳的そして倫理的な分析です。このような分析は、通信現象の多様性全体に浸透しています。同時に、コミュニケーションの倫理はコミュニケーションの手続き上の側面を考慮し、評価します。彼女は、道徳的および倫理的経験と価値 - 道徳的指向に基づいて、コミュニケーションの芸術を考えます。

狭義のコミュニケーションの倫理は、特定の実用的なテクニック、ルール、そして規範(主に道徳的な)コミュニケーションの組み合わせです。それは、既存の観点からも、そして正当な立場からも、コミュニケーション問題の研究をカバーしています。

コミュニケーション的相互作用の倫理は、概念の観点からコミュニケーションのプロセスを探究することだけでなく、新しい規範的要素の創造を通してコミュニケーションの真のプロセスに影響を与えることをコミュニケーションを教えることも意図しています。さまざまな機能を実行するように設計されています。そのような機能の中で、合成的で命令的な形で出力します。第一の機能はコミュニケーションの分野における道徳的経験の統合であり、第二のものは人道的道徳的価値の選択を主張し、それらに従う必要性を正当化する。

コミュニケーションの倫理は、コミュニケーション関係の分野で適切にやり取りする方法と、やり取りしない方法を教えます。倫理の目的は、一般的な意味での知識ではなく、行動と行動です。そして人は徳を得るために倫理を勉強するべきです。

コミュニケーションの概念と倫理の観点からのコミュニケーションは、特定の社会で受け入れられているか、国籍や居住地によって決定されている、個人の言論の文化と行動の道徳的規範、美徳および価値観の方向性の組み込みです。倫理におけるスピーチコミュニケーションの概念は、言語システムを使用している個人間の文化的に焦点を絞った、直接的または間接的な接触を確立し、さらにそれを追うプロセスに還元されます。

コミュニケーションの概念と機能

今日の音声通信の概念は、人生のある側面として考えられています。コミュニケーションは、最高の人格特性の顕現と開示、その意識の形成と発達、自己意識の形成が行われる中核的条件の1つの役割を果たします。そのことを反映し、周囲の社会の自分自身に対する態度を分析し、他の人とコミュニケーションをとることで、個人は自己啓発の過程で行われる自己改善の必要性を認識します。

コミュニケーションの中心的な機能は区別されます:感情的、理解、調整、動機付け、関係の確立、そして影響力。

感情的な機能は、必要な感情的な気分の対話者の興奮とそれに伴う自分自身の経験の変容に起因しています。

情報 - データの交換、世界観、立場、計画、決定などをカバーします。

接触 - 持続可能な相互志向の形で相互作用を維持しながら、情報を獲得し伝達するための相互のレディネスとしての接触の形成に現れている。

理解機能は、適切な認識、メッセージの本質への認識、そして計画、目標、意図、経験、態度についての相互理解をカバーします。

協調機能は、相互作用の方向性、協調および行動の調和、ならびに共同の相互作用の過程における行動において実証される。

動機づけ - 特定の行動を実行する指示を彼に与えるために、対話者の活動を刺激することで表現されます。

関係を確立する機能は、ロールプレイング、ビジネス、地位、および主体が相互作用する社会集団の他の相互関係のシステムにおける、自分自身の個人的な立場の理解および固定に表現されています。

影響力の機能は、対話者の気分、行動、状態、個人的および意味的な形成の変化に現れています。

コミュニケーション文化 - 概念

「コミュニケーションの文化」という用語が何を意味するのかを理解するためには、「コミュニケーション」と「文化」の基本概念を別々に検討する必要があります。

人々を互いに結びつけるコミュニケーションプロセスはコミュニケーションと呼ばれます。一般的な意味での文化とは、教育、人格の形成を意味します。これは、個人的な自己表現と自己知識、人と人との別々の蓄積、そして社会全体としての経験を含む、その最も多様な表現における人間の相互作用です。

コミュニケーションの文化は、あらゆる自尊心のある人が従うべき一連の規則や規範と呼ばれています。教育と文化のレベルの指標はまさにこれらの規則と行動規範の遵守です。確かに、文化がなければ、先進的で文明化された状態で社会と完全に対話することは不可能であり、成功した事業を遂行し、成功した事業連絡を確立することは不可能です。

音声の発達と共に、通信中に放送され受信されるメッセージの本質の多様性の可能性が現れた。コミュニケーションの手段と道具的側面を豊かにする機会もあります。

その後のコミュニケーション的相互作用の発達は、人によるコミュニケーションの文化の漸進的な蓄積として表すことができる。このような蓄積は、まず第一に、反省、自己規制、そしてフィードバックに基づいて起こります。

心理学の観点からは、高度に発達した性格は、異なる人々とのコミュニケーションの必要性が明らかになっただけでなく、豊富なコンテンツ、複数の目標、およびコミュニケーションツールの幅広い選択肢によっても、発達の遅い性格とは異なります。コミュニケーションの相互作用と活動は不可欠な全体を形成するので、コミュニケーションと活動の文化の間にも疑いのない関係があります。結局のところ、一方が他方なしでは不可能です。

コミュニケーションの概念と構造

人類は、それに含まれる個人と社会全体との間の接触を確立することなしには、完全かつ効果的な相互活動を実行することが単にできません。また、被験者間の適切なレベルの相互理解の確立なしには活動は不可能です。

コミュニケーションの概念と今日のコミュニケーションは個人間の相互接触を形成し発展させるかなり複雑で多面的なプロセスであり、共同活動のニーズの「誕生」の結果として起こり、データ交換、総合的活動戦略の開発、他人の受け入れと理解を含みます。

コミュニケーションのやりとりは口頭で行われます。口頭で言葉のない、すなわち非言語的言語は言語システムによって表され、非言語は表情、様々なジェスチャー、パントマイム、対話中の体位などによって表される。

コミュニケーションには3つのレベルがあります:イントラと対人関係、公衆。個人間のコミュニケーションは、個人と彼自身の「私」との精神的コミュニケーションで表現されます。このレベルは、被験者が計画を立て、タスクと目標を概説し、戦略を立て、社会と対話する準備をするときに起こります。対人コミュニケーションは、それぞれ、少なくとも2人の人物間のコミュニケーションを意味します。公開 - 大規模な社会集団との主題のコミュニケーションを意味します。

被験者間のコミュニケーションには3つの大きな側面があります - それはそれぞれコミュニケーション、インタラクティブそして知覚です。

コミュニケーションの側面は、個人間でメッセージを交換するプロセスの特異性を識別することで明らかにされます。

相互作用は、相互に向けられた活動の創出と実施におけるパートナーの相互作用において実証されています。

知覚は、身体的特徴と行動の心理学的特徴との相関のために、他の対象の画像の形成にある。