心理学と精神医学

ビジネスコミュニケーション

ビジネスコミュニケーション - ビジネスエチケットの基本原則、規範および規則に基づいており、相互に有益な結果を得るために被験者または被験者グループとの関係に焦点を当てていることを特徴とする、コミュニケーションインタラクションの一形態です。プロのコミュニケーションインタラクションに参加する被験者は、公式のコミュニケーションスタイルを守り、割り当てられたタスクを解決し、設定された目標を達成した結果として結果を得ることを目的としています。

ビジネス上の会話をし、対話者の個人的な特徴の特性、目的、目的、興味を正しく理解することを上手に行うスキルは、専門家による会議や交渉を成功させるための決定的要素と見なすことができます。

ビジネス倫理

例えば、個人的または社会的な他の種類のコミュニケーション相互作用とは異なり、ビジネスコミュニケーションはそれ自身の意味のある特徴および特徴を持っています。そのような兆候の選択は、あなたが「ビジネスコミュニケーション」の概念のより具体的でそして完全な定義を与えることを可能にします。

ビジネスコミュニケーションの倫理は、国家心理学的タイプの独特の特徴がどれだけうまく保存されているかによって決定されます。

それは効果的なコミュニケーションを促進するので、国の知識と異なる国籍の心理的タイプ、彼らの伝統、習慣、文化的歴史的遺産の独創性、彼らの習慣、言語、感情表現の特徴、気質を理解することはビジネスパーソンにとって緊急に必要です。国家のエゴイズムを克服し、他の国々の文化に対する尊敬を育む。

ビジネスコミュニケーションの倫理は基本的に多数の科学、特に管理とコミュニケーションの心理学、倫理、そして労働の科学的組織に基づいています。現代世界のニーズによるコミュニケーション倫理学の研究ビジネスコミュニケーションの心理学と倫理は、さまざまな個人との対話の成功の柱です。

人は、自分の役割(上司または中堅、上司、または公務員)にかかわらず、自分の考えを明確にし、意見を述べ、相手の判断を分析し、批判的に適切な陳述および文を評価できなければなりません。このために、最も重要な条件は、対話者に耳を傾け、会話を正しく導き、指示し、コミュニケーション中に友好的な雰囲気を作り出し、前向きな印象を与える能力です。これらすべてのスキルは事前の準備がなければ不可能です。

コミュニケーション倫理の中心的な要素は、直接リーダーまたは部下のアイデンティティです。どんな業界でもプロフェッショナルで優れたスペシャリストになるためには、対人関係の十分な知識とスキルを持っているだけでは不十分です。さらに、あなたはまた、スピーチの文化と内部文化の適切なレベルを持っている必要があります。音声文化とビジネスコミュニケーションは密接に関連しています。

今日、倫理的な議論はその構造の2つの最も一般的な原則によって表されます。功利主義の原則と道徳的な命令です。功利主義の原則は、最大の人数から利益を得る傾向があるという条件で、道徳的に正当化されると見なされる行動に基づいています。発生したダメージの量は、アクションの総利益と比較されます。損害が損害を上回る場合、その決定は倫理的でないと見なされます。何らかの代替的な行動がある程度の損害を引き起こす場合には、被害が最も少ない経路が選択されます。道徳的命令の原則は、いかなる状況下でも道徳的決定が特定の結果に左右されないという事実に基づいています(つまり、賄賂は悪く、一人の消費者の欺瞞は多くの人と同じくらい不道徳です)。

ビジネスコミュニケーションのエチケットは、人々の職業上の行動の最も重要な側面と考えられています。エチケットの知識は、習得し改善する必要がある緊急に必要とされる専門的品質です。ビジネスの成功におけるビジネスコミュニケーションの役割を過大評価するのは非常に困難です。それは個人の生活、他の人格との相互作用の最も重要なタイプの必要不可欠な部分です。結局のところ、ある程度の安定性によって特徴付けられる特定の目標システムが開発されているということが連絡されています。ビジネスパートナーとの会話に成功するには、理解し、彼らの利益を考慮に入れる必要があります。個人にとっての重要なことは、個人の直接の相互作用による問題を解決する際に相互理解を深めるために、自分の考えを正しく定式化し表現する能力です。

ビジネスコミュニケーションの心理学

心理学的には、コミュニケーションの相互作用は同時に行動、思考、感情的な経験、感情、そして自分自身の魂、良心、夢への人格の志向の交換です。

ビジネスコミュニケーションは、教育と自己教育に基づくプロセスと見なすことができます。これは個人の創造性の一形態であり、個人の個性の最も優れた側面の特定と開発に貢献します。

ビジネスコミュニケーションの心理学と倫理学は、ほとんどの科学の基本的なカテゴリーと原則に基づいている科学の複合体の構成要素です。

主に被験者の活動による、ビジネスコミュニケーションの相互作用の有効性。そのような活動は社会的に重要な同等物を持ち、それは結局のところ、金銭的資源のような貴重で重要な指標で測定することができます。

ビジネスコミュニケーションは、同僚、監督者および部下、仲間、ライバルおよび競争相手の間の協力およびパートナーシップを目的とした関係を築き、関係を築くのに役立ちます。マネージャーは言うまでもありませんが、スペシャリストは少なくともビジネスコミュニケーションの基本を持っていない限り、ビジネスで成功することはありません。コミュニケーションの相互作用は個人から高い心理文化を必要とします。

ビジネスコミュニケーションを成功させるには、関係の感情的側面を常に検討し検討することも必要です。多くの場合、ビジネスの人々は感情がビジネスには意味がないと考えていますが、それらは大きく誤解されています。結局のところ、従業員の気持ちや感情的な経験に注意を払うことなく、あなたはチームに深刻な対立をもたらすことができ、それは企業にとって非常にコストがかかります。理性と感情は主題の不可解な要素です。パートナーや同僚とのコミュニケーション中に、さまざまなシグナルが彼らの感覚に送信されます。

あなたが彼の方向に対話者の位置を向けることができるそれによってある一定の技術があります。レセプション「固有名詞」は、対話者の名前を声に出して必須の発音に基づいています。 「人間関係の鏡」とは、逆にあなたの顔に微笑みがあると、笑顔が戻ってくることを意味します。気持ちの良い表情が対話者を魅了します。賛辞はあらゆる会話の黄金の言葉です。それらは、対話者が表す美徳のわずかな誇張を含んでいます。しかし、賛辞を、お世辞の総称と区別する必要があります。これは、対話者の長所を大きく誇張したものです。

ビジネスコミュニケーションの心理学では、会話の助けを​​借りて対話者に影響を与える方法を使用することが重要です。彼とのビジネスコミュニケーションおよびスピーチは特定の詳細を持っています。コミュニケーションの相互作用では、会話者の注意の90%がスピーチの特性に注がれていますが、例えば対人関係では50%以下です。その主な特徴は次のとおりです。

  • 会話をより鮮やかに、豊かに、合理的に、アクセスしやすく、説得力のあるものにする語彙。
  • スピーチの構成。専門用語の代わりに専門用語を使用することができます。
  • 識字能力
  • 発音とイントネーション

それが主題が言うことだけでなく彼がそれを言う方法も重要であることを理解することは必要です。話者の姿勢、表情、身振りなどの非言語的要素。

ビジネス文化

従業員のプロフェッショナリズムを評価するための最も重要な指標は、ビジネスコミュニケーションの文化と考えられています。多くの監督者は、個人が仕事をすることを承認するとき、そして彼の公式の指示と義務を実行する過程でこれに焦点を合わせます。

電話によるビジネスコミュニケーションはビジネス会話の主要なタイプの1つです。結局のところ、これは対話者に非言語的に影響を及ぼすことが不可能である唯一のタイプの会話です。それが電話での会話中にビジネスコミュニケーションスキルを使うことがとても重要である理由です。

ビジネス会話を行うための一般的に受け入れられている規則があります。これらには、会話の話題への関心、会話の相手に対する慈悲、のれん、会話の性格に対するあなたの一般的な気分の影響の欠如が含まれます。

コミュニケーションは、2人以上の被験者のコミュニケーションの相互作用であると考えられています。その主な目的は、認知的な性質や感情的な向きのメッセージを交換することです。コミュニケーションの過程において、対話者はコミュニケーション相手の行動、彼の状態、信念、そして世界観に影響を与えます。このような影響は常に相互的なものですが、どちらかといえば稀です - 偶然にも。ほとんどの場合、コミュニケーションは個人の共同活動の過程で見られます。

コミュニケーションの過程で、個人は表情のしるし、身振り、そしてフレーズの間で変化します。さらに、両方のコミュニケーションパートナーは、彼らの頭の中に、それぞれが外側からどのように見えるかの仮想イメージを持っています。そのようなイメージは、真実に似ているかもしれませんが、完全ではありません。また頭の中に彼のパートナーのイメージが含まれています。そのようなイメージは本当である場合もありますが、各個人はそれを毎回調整します。ビジネス会話に直接関わる2つの主題に加えて、社会規範もあります。一人ひとりが自分は独特で、並外れていて、すべてについて自分自身の意見を持っていると信じていますが、コミュニケーションの結果は社会規範の判断に帰着します。

ビジネス文化はいくつかのコミュニケーションスタイルとその原則を意味します。ビジネスコミュニケーションの相互作用の文化には、ビジネスコミュニケーションのエチケットも含まれます。これは、特定のフレームワークの遵守、規範および行動規範、例えば時間厳守、言論の文化、外観などを意味します。

現代のビジネスと起業家精神には、スピーチ文化とビジネスコミュニケーションが不可欠です。結局のところ、作業プロセスのほとんどは会話、会話、会議、交渉によって占められています。いくつかの分野では、キャリアの成長は直接スピーチの文化とビジネスコミュニケーションのエチケットの完全な知識に依存しています。

ビジネスタイプのコミュニケーションは、常に特定の目標を追求し、期限があり、間隔に分割されることが多いという点で他のコミュニケーションタイプとは異なります。コミュニケーションは、相互理解と信頼がパートナー間に広がっているという条件でのみ成功するでしょう。

ビジネスコミュニケーションの特徴

ビジネスコミュニケーションは、職業上の利益、仕事、または職業上の活動によってリンクされている個人間で連絡先を形成する、かなり複雑で多面的なプロセスと呼ばれます。コミュニケーションインタラクションの参加者は公式の地位で行動し、特定のタスクを解決して結果を達成することを目的としています。コミュニケーションの相互作用のプロセスの特徴は、その規制された性質であり、それは確立された枠組みへの従属を意味し、それは国内の伝統と文化的慣習、そして職業倫理規範によって決定されます。

ビジネスコミュニケーションのエチケットには2つのルールグループが含まれています - これらは規範と指示です。規範は、同じグループのメンバー間のコミュニケーションの過程で機能する水平方向のルールで、ステータスは同じです。指示 - これは上司と部下の間の相互作用の性質を決定する垂直方向の規則です。

ビジネスコミュニケーションの特徴は、個人的な好み、気分、好き嫌いにかかわらず、すべての仕事仲間、サービスパートナーにとって絶対にフレンドリーで丁寧な態度で構成されている一般的な要件への服従で表現されています。

ビジネスコミュニケーションの規制もスピーチの文化の中で表現されています。

ビジネスコミュニケーションおよびスピーチは、社会によって開発された言語行動の規範、文法およびスタイル、挨拶、感謝などのエチケット状況を形成することを可能にする典型的な既製の「式」、例えば「こんにちは」に対応するべきである。持続可能なエチケットのデザインはすべて、年齢と社会心理学的特性に基づいて選択する必要があります。

相互作用としてのコミュニケーションは、主体が互いに関係を築き、共同活動を築くために必要な情報と情報を交換することを意味します。協力。そして、コミュニケーション的相互作用としてのコミュニケーションが何の問題もなく起こるためには、それは以下のステップを含まなければなりません:

  • 接触する他人への理解、他人への自分自身の独特な提示(提示)を前提とする知人。
  • コミュニケーション的相互作用の状況におけるオリエンテーション、何が起こっているのかの理解、一時停止および間隔の抜粋。
  • 関心のある質問や課題についての議論。
  • 必要ならば、問題の解決。
  • 連絡先

ビジネスコミュニケーションの組織は、主に協力の原則に基づいて、相互のニーズと要求に基づいて、原因の利益から、パートナーシップに基づいて構築されるべきです。そのような協力は労働生産性、創造的活動を増加させるでしょう、そしてそれは生産、商業とビジネスの進歩において最も重要な要素です。

ビジネス言語

ビジネスコミュニケーションの言語は、正式なビジネススタイルのスピーチであり、これは機能的なタイプの音節であり、ビジネス、起業家精神、商業およびその他の専門的活動の分野におけるコミュニケーションの相互作用を目的としています。機能的タイプの音節は、言語単位のシステム、それらの選択および使用方法の失敗であり、それは音声通信の社会的目的によるものである。

職業活動の分野における音声通信は、通信状況によって説明されるいくつかの特定の特徴を有する。ビジネスコミュニケーションの文脈における重要な意義は、そのようなコミュニケーションのメンバーが合法的なもの(組織、企業)および役人、一般労働者である可能性があるということです。ビジネスコミュニケーションの主体が入る可能性のある情報関係の特異性と本質は、それぞれ組織または職位の階層における設立場所または従業員の能力、能力、活動の内容、その他のさまざまな要因によって異なります。機関と専門家間の関係は安定しており、認められた法規範によって規制されているため、機関の情報の流れは組織や活動分野のニーズを満たす、いわゆる「プログラムされた」性質のものとなります。

ビジネスコミュニケーションの基本には、常に3つの主な側面が含まれています。オーソロジー、コミュニケーション、そして倫理です。

矯正学は、言論の正確さ、言語の規範およびそれらの変化の科学の名前です。口頭または書面で自分の考えを表現する主体の心の中では、規範は見本、パターン、句を組み立てるための体系、文である。そのような規範の形成は、言語の統一と音声システムの適切な機能のために不可欠な基準である、民族の文学的創造性とスピーチプラクティスによって影響されます。したがって、識字能力はビジネスコミュニケーションで成功するための前提条件です。ビジネスコミュニケーションの重要な特徴は、管理者、管理者、従業員、従業員による口頭および書面によるビジネススピーチの言語の規範的側面の所有です。

ビジネスコミュニケーションの言語には、アプリケーションの範囲、状況、タスク、状況、スピーチのジャンルを考慮してコミュニケーションの目標を達成するために動員する、使用すべきツールの膨大な数があります。スピーチ文化のコミュニケーション的側面はまさにこれらの問題に対処します。

コミュニケーションの目的と状況に応じた言葉の選択は、関連性と言論の純度の要件によって決定されます。そしてこれのためにあなたは文学言語のスタイルを知る必要があります。 Так, например, обилие специфических терминов, стандартных фраз и штампов характерно для деловой письменной речи, однако абсолютно не подходит для разговорной речи.

スピーチ文化の倫理的側面はスピーチエチケットに代表され、社会的つながりと対人関係を規制するためにスピーチの特別な手段を研究しています。これらには以下が含まれます:スピーチエチケットの公式、テキストおよびそれらのアプリケーションの規範、そしてさまざまな条件における行動のルール。

ビジネスコミュニケーションのエチケット規範は国の性格に依存しています。たとえば、ヨーロッパ、イスラム教徒の国々で尊敬される兆候は、侮辱と見なすことができます。

ビジネスコミュニケーションの種類

ビジネスタイプのコミュニケーションは、タスクの策定と最も重要な問題の解決を含みます。ビジネスコミュニケーションの種類と形式の分類があります。それぞれの種類のコミュニケーションは、条件付きエリアと密接に関係しているプロセスを説明します。

今日のビジネスコミュニケーションの種類、形式、手段は非常に多様です。しかし、情報はサインシステムを通じてのみ伝達されます。ここから、ビジネスコミュニケーションは、サインシステムが言語で表現される口頭コミュニケーションと、非スピーチサインシステムが使用される非言語ビジネスコミュニケーションに分けることができます。この分離は他の種類の通信でも使用されます。

口頭によるコミュニケーションは会話を含む。これは言葉によるコミュニケーションです。

非言語ビジネスコミュニケーションには、コミュニケーションの主題に会話の主題および話者についての追加情報を提供するすべてのものが含まれます。この種のコミュニケーションには、姿勢、表情、身振り、イントネーションが含まれます。

多くの専門家は、コミュニケーションの過程での対話者は言葉を介してほんのわずかな割合の情報しか受け取らないと考えています。また、職業上のコミュニケーションの種類には、直接および間接(間接)タイプが含まれます。

直接型の職業的コミュニケーションは、同じ空間にいると同時に個人の相互作用を表します。交渉、会話などが含まれます。会話中の直接接触では、非言語的コミュニケーションと言語的コミュニケーションが最も重要です。

間接通信とは、書き言葉による情報の伝達を指す(例えば、Eメールまたは電話による通信)。この種の対話は直接通信よりも効率が悪いと考えられています。間接通信の中では、電話によるビジネス通信が最も需要があります。それは会話中の直接音声接触および多種多様な通信技術によって区別される。これにより、ビジネス上の(正式な)対話と個人的な(非公式の)メッセージの一部を簡単に組み合わせることができます。

どのような場合でも、ビジネスコミュニケーションでは、他のタイプの対人コミュニケーション相互作用と同様に、人が同じ空間に同時に存在し、同時にアイコンタクトを確立し、楽しい印象を与え、コミュニケーション相互作用のプロセス全体に影響を与えることができます。

ビジネスコミュニケーションの形態

職業的状況の特定の要件を満たすビジネスコミュニケーションにはいくつかの形式があります。これらには以下が含まれます:ビジネス対応、会話、協議、交渉、人前で話す、記者会見および論争。

業務上の通信は、書面によるスピーチ(注文、手紙、依頼、決議など)によって実施される間接的な形態のコミュニケーションを指す。組織内(組織内)、組織間、および組織間にはビジネス上の対応があります。

ビジネス上の会話には、重要な決定を下すため、または詳細を議論する目的で、さまざまな作業の微妙な違いやプロセスについての議論が含まれます。

ビジネスミーティング、企業の作業チーム、企業、組織、または別の管理チームを開催するために、緊急の問題を解決し、将来の活動を計画し、タスクを設定するためのいくつかの部門が集まります。

人前で話すことはビジネス会議のサブタイプであり、その間にある主題が主導的立場をとり、重要な問題を強調し、人々の一定の輪と情報を共有します。主なことは、話者が会話のトピックと内容についての完全で詳細なアイデアを持ち、スピーチのトピックを聴衆に伝えることを可能にするのに必要な個人的な資質を持っていたということです。

ビジネス交渉の間、コミュニケーションの義務的な結果は決定を見つけてそれをすることであるべきです。交渉の過程で、各当事者はそれぞれ独自の立場と見解の方向性を持ち、その結果、取引の締結または署名付きの契約が成立します。

記者会見は、マスメディアの代表者との役人(例えば、管理者、政府役人、ビジネスマン、政治家など)の集まりで、現在およびエキサイティングな問題について社会に知らせることを意味します。

ビジネスコミュニケーションの過程におけるすべての問題が紛争なしに解決できるわけではありませんが、個人が職業的にも熱心にも感情的にも行動しないという事実が原因で状況が複雑になることがあります。

ビジネスコミュニケーションの形態は、職業活動の過程で発生するすべての状況を網羅しています。職業活動におけるコミュニケーションの役割は、ビジネス環境内でのコミュニケーションの相互作用のプロセスを合理化することです。

ビジネスルール

ビジネスコミュニケーションのルールと規範は、個人の職業活動において非常に重要です。 1つの間違った言葉は数百万ドルの取引の損失につながるか、キャリアの成長に向けたすべての努力を否定することができます。したがって、ビジネスコミュニケーションにはいくつかの一般的な規則があります。

最初の規則は明確でわかりやすいスピーチです。聞き手は、対話者が何について話しているのかを理解しなければなりません。

2番目のルールは会話中の単調さを避けることです。単調なスピーチは誰にも憧れを刺激することができます。感情的に塗装されていないスピーチは、対話者から逃げ出すという圧倒的な欲求を引き起こします。

次の規則は、話者のスピーチは中程度のテンポのものであるべきだと仮定しています。非常に遅いスピーチは対話者の興味をそそることにつながります。話者の情報から気をそらすことになります。そして、あまりにも速いスピーチはコミュニケーション相手が単に話者の考えに追いついていないという事実につながります。極端に速いまたは遅いスピーチのスピーチの場合、良いコミュニケーションは機能しません。短い文と長い文を交互に使うようにする必要があります。長い間、オーバーロードされた文は理解するのが難しいです。短いフレーズだけからなるスピーチは適切な印象を与えません。それは有能に質問をするべきです。会話では、開いている質問と閉じている質問が等しく重要です。会話中に会話者の話を聞くことを学ぶ必要があります。ビジネス提案と会話を始めることはお勧めできません。これは、対話者の側にのみ拒絶と攻撃を引き起こす可能性があります。あなたは直接表明されたアドバイスを避けようとする必要があります。これはトピックの主観的なビジョンにすぎないという事実に常に焦点を当てながら、視点は穏やかにそして控えめに表現されるべきです。自己反省が奨励されるべきです。既製の解決策を報告す​​ることはお勧めできません。受け入れられている文化的規範とエチケットのルールを守ることが必要です。結局のところ、全体としてのプロの活動​​の成功は彼らの遵守にかかっています。

ビジネスコミュニケーションは、規制されているという点で他のタイプの対人コミュニケーションとは異なります。そのようなコミュニケーションは、彼らの個人的な役割のプロセスのすべての参加者による厳格な遵守として説明することができます。これは、異なる職業的状況において、個人がリーダーと部下、パートナーと同僚の両方になることができることを意味します。その結果に対するビジネス相互作用の各参加者の高い責任は、ビジネスコミュニケーションの主な特徴です。

ビジネスコミュニケーションおよびコミュニケーションの成功は、コミュニケーションのやり取りの目標を明確に明確にし、パートナーの利益を正しく決定する能力を意味する、選択されたコミュニケーション戦略および戦略によって大きく左右されます。

ビジネススタイル

ビジネスコミュニケーションの範囲は、対象の生活の法的、経営的、社会的側面にまで及びます。したがって、公式のビジネスコミュニケーションスタイルは、職業活動および生活全般の実際的な要件によって決定されます。それは書面(例えば、電子メールによる商取引、規則など)および口頭(例えば、会議、交渉)で実施することができる。

現代社会では、ビジネスコミュニケーションのスタイルを使用するのが賢明です - これは、キャリアのはしごに沿って持続可能な進歩を確実にし、ビジネス活動のあらゆる分野で個人的な地位と成功を向上させることを意味します。

ビジネススタイルは、今度はいくつかの亜種、すなわち立法亜種、外交的および行政事務的亜種に分けられます。これらの亜種のそれぞれはそれ自身の詳細、コミュニケーション形式およびスピーチクリシェを持っています。例えば、外交通信では覚書、メモが使用されます。行政事務スタイルでは、領収書、覚書、証明書、委任状、特性、命令などが用いられる。法律、段落、規則、召喚状、コードなど - 立法スタイルで

極めて正確なスピーチはビジネススタイルの重要な要素です。それはまず第一に、広く使われているか狭く専門化されていることができる特別な用語の使用によって達成されます。今日、ビジネスコミュニケーションのスタイルは、日常的な形式的なやり取りで最も一般的と考えられています。

ビジネスコミュニケーションのスタイルには、操作的、儀式的、そして人道的があります。

マニピュレーションスタイルは、会話ツールを他の人に対してプロダクションツールとして使用し、それを使用してタスクを実行したり特定の結果を得たりすることを意味します。このようなコミュニケーションの特徴的な例は、割り当てられたタスクの遂行に対する個人的な管理です。

コミュニケーションの儀式スタイルにおけるパートナーの主な仕事は、社会における望ましいイメージの創造です。そのようなコミュニケーションでは、対話者の地位は重要であり、彼らの個人的またはビジネス上の資質ではありません。

人文主義的なスタイルの主な焦点は、お互いの支持と問題の集合的な議論です。パートナーの個別の特性は理解しておらず、ポジティブな資質とネガティブな資質に分けられません。性格は完全に知覚されます。このアプローチは、個人の個人的な資質とその個人の特徴を浮き彫りにします。ただし、状況によっては、このようなやり取りは不適切です。コミュニケーションおよびビジネスコミュニケーションツールの機能に関する知識は、プロとしての活動の成功を確実にします。

ビジネスコミュニケーションの原則

個人の日常生活におけるビジネスコミュニケーションの役割は、人生のほとんどすべての分野に影響を与えるため、過大評価するのは非常に困難です。ビジネスコミュニケーションおよび他の種類の対人関係の相互作用には、専門的なコミュニケーションプロセスの流れを規制するための独自の一般原則があります。

ビジネスコミュニケーションの原則には、対人コミュニケーション、その焦点、コミュニケーションの継続性および多次元性が含まれます。

対人関係は、個人間の相互作用の開放性と多様性によって特徴付けられる。それはお互いに対する個人の個人的な関心に基づいています。このような構成の原則によるビジネスコミュニケーションの組織化は、主にプロセスの専門的要素を対象としていますが、それが依然として対人的相互作用の特徴を持ち、ある程度の対人的過激派を含むことを忘れないでください。あらゆる状況でのコミュニケーションの実施は、議論されている特定の活動や問題だけでなく、対話者の個人的な特徴やその相互関係によっても決まります。ビジネスコミュニケーションのやり取りは、対人関係と不可分の関係にあります。

意図的なコミュニケーションの多目的。コミュニケーションの過程で、情報量は意識的な目的と共に無意識の目的を持っています。例えば、話し手は、問題の本質に立ち向かうと同時に、問題の本質をプロセスの参加者の注意を引くという目標を追求しながら、存在する人々を問題のある問題に慣れさせる。しかし、これに伴い、無意識のレベルで、彼は彼の知性、雄弁さなどを参加者に自慢して見せたり、示したりしたいと思うかもしれません。

継続とは、ビジネスの分野では、ビジネスとパートナーとの対人関係の継続的な始まりです。コミュニケーションには言葉による要素とビジネス以外のコミュニケーション手段の両方が含まれているため、人々は常に行動に関するメッセージを送ります。結果として適切な結論が引き出されるため、対話者がそのようなメッセージに特定の意味を与えること。

多次元性は、ビジネスのやりとりのさまざまな状況にある個人がデータ交換を実行するだけでなく、何らかの方法で関係を規制するという事実に基づいています。ビジネスコミュニケーションの分野は非常に多様であるため、コミュニケーションの過程で関係の少なくとも二つの側面を実行することができます。 1つは、ビジネス上の相互作用を維持し、専門的な情報を転送することです。もう1つはパートナーに感情的な関係を移すことにあります。そして、それはどんな接触にも存在します。