霊性は自分自身の知識を通して得られるユニークな個人的な経験です。彼ら自身の狭い興味の礼拝堂、個人的な価値観の成熟を超えて行きます。それは、個性の限界を超えた、主体の内面的な経験の現象として考えられています。それは、神、超個人的または宇宙の力に関連したものです。この概念は、聖霊に対する個人を識別し、神に対する彼の近さ、魂の存在の限界を超えた個性の出力を反映しています。その一方で、それは個人の誠意、知性、美徳、道徳を扱います。

霊性とは何ですか

現代の宗教研究では、スピリチュアリティは、文化が影響を及ぼしている人間の経験の中で生じる経験によって特徴付けられる最も一般的な特徴として考えられています。したがって、この概念の根源は個人の内的経験です。 「スピリタス」とは、この「スピリット」という言葉の意味を文字通りに翻訳したもので、人の霊性の定義は与えられた言葉の派生語であると考えられています。今日の世界では、この用法は人間の繊細さの最も高い部分、主題の精神的本質、彼の内なる人生の説明を説明するために使われています。人間の存在の物質的および物理的外観に対する人間の存在の依存を否定する。

人間のスピリチュアリティの定義は、社会の生活における様々なパラダイムの存在に関連して数多くの解釈をしています。スピリチュアリティのさまざまな説明を通して、それを個人の宗教生活に起因させることには一定のパターンがあります。しかし、個人的な個人的な経験としての霊性は、常に宗教と同一視されているわけではなく、常にそれによって決定されるわけでもありません。ほとんどの説明では、この概念は人道心理学の方向に解釈されます。同時に、それは特定の神秘的な行為、難解な伝統または哲学的な教えと結合します。この枠組みの中で、スピリチュアリティは、利他主義、豊かな内面の経験、無私の念、思いやり、そして発展した内面の世界を含むシステムとしての全体論的人格の発達を目的としています。

心理学的カテゴリーとして、スピリチュアリティは19世紀の終わりから見られるようになり、理解心理学の枠組みの中でそれを定義しました。この傾向の代表として、Edward Spranger、Wilhelm Diltheyは、個人の精神的活動(文化、倫理、芸術)と個人の精神との関係の研究に焦点を当てました。同時に主題の精神と自然科学との関係を否定した。 Karl Jungは後に分析心理学の枠組みの中で精神性を考えました。これらの研究の枠組みの中で、概念は集合的な無意識と原型のプリズムを通して調べられ、分析されました。ユングは、宗教と錬金術の心理学の分析の創始者となりました。

人道主義的実存心理学と対人心理学のパラダイムでは、霊性はより高い無意識によって識別され、それが創造的なインスピレーションの源となっています(Roberto Assagioli)。 Maslow Abrahamは、彼の多くの研究で、精神性とピーク経験との関係を明らかにしました。その発生は、個人の自己実現の期間に発生します。

Stanislav Grofの研究では、対人関係の経験と霊的危機の発生に依存する霊性が調べられました。トランスパーソナルな教えの枠組みの中では、この概念はシャーマニズムや他の伝統文化を使った一種の癒しとして解釈されました。また、Viktor Franklは、この現象を被験者の人類学的な次元よりも高いものと見なしています。クリスチャン心理学の側面では、科学者の精神性は、個人の行動に現れている最高の神聖な、あるいは悪魔的な自然の力と同じように解釈され、それ以外の方向への現れは否定されます。

人間の精神性は、深く主観的なものとして、科学的な研究手法の助けを借りて内部的に調査することは不可能です。思考、感情、記憶で自分自身を識別することによって、人は彼の意識の本当の性質を発見し、彼の本当の自己を決定し、それによってそれを見つけます。

スピリチュアリティ問題

スピリチュアリティは、人間の生活を自然の存在と区別し、それに社会的特徴を追加する現象です。どれだけの人が霊性を使っているかは、その存在、その将来そしてその真実によって決まります。周囲の個人の意識、より優雅な表現の形成および世界とのより深い関係は、人間の精神性の概念です。今日、霊性は人が自分自身、人生の意味、そしてその目的を知るのを助けます。

霊性は生存への道で人類を助け、安定した社会と一人の人間を発展させます。彼女は社会社会を形成する過程で重要な役割を果たしています。彼の存在下で敵対者と異星人を区別する人の能力により、あなたは彼自身の環境を、誤った行動や壊滅的な結果をもたらす行動から保護することができます。問題について言えば、私たちは社会の精神的および道徳的問題の出現に触れるべきです。知られているように、社会生活の現在の段階は霊性の危機を経験しています。

霊性と道徳は新しい意味と実現を獲得します。だから、残酷、犯罪、無秩序、投機、影の経済、麻薬中毒、非人道の繁栄 - それぞれの人間の精神性の低下の結果、人間の命の切り下げ。人口の道徳レベルの低下は直接的な死にはつながらないが、それは多くの社会制度、経済的、精神的および政治的な破壊につながる。

最も綿密な問題は、それが人には知覚できないほどに起こる社会の破壊であるということです。人類の文化の形成における新たな段階は、解放された、自由で、複雑でない、開かれた、革新的な個人の発展に貢献しますが、同時に無関心、積極的、無関心です。ほとんどの人は自分の行動を物的な消費者の価値で人生を満たすように指示し、人間の存在の精神的要素を拒絶します。

現在のコミュニティの形成には矛盾があります。科学技術の進歩と精神的な発達は絶対に異なる道をたどっており、多くの個人が人生の道徳的支援を失い、それによって社会全体の精神生活を複雑にしています。このような背景に対して、20世紀からの時代には、人命の完全な切り下げが始まった。歴史は、「古い非人道的」を変えようとする毎世紀、人々の間にますます多くの犠牲者をもたらしたことを示しています。社会的、政治的生活条件の発達にもかかわらず、発展した文化、文学 - 残忍な残虐行為は人の性格に関して行われました。同時に、道徳の欠如は、このような行動の一因となっていると考えられており、この社会のパラダイムであると考えられています。

どんな社会経済社会、技術、そして資源が発展したとしても、彼らの助けを借りて人生の問題を解決することは不可能です。人の思考の変化、内面の世界観の変化、社会の誠実さと精神性の認識だけが、彼を存在と発展の真の道へと導くのに役立ちます。人間の精神性の理想的な世界を創造し、価値と概念の世界を創造することは、物質的な富の上に人の精神を高めるのに役立ちます。社会を再生するためには、内から行動する必要があります。対象の精神性と道徳性を更新し、社会の完全性と価値システムの更新の重要性を認識するために、来るべき変化に備えて人間の心を準備します。

スピリチュアリティの発達

人間の霊的世界の発展という概念についてはコンセンサスはありません。それぞれの個人は、自分自身と自分の内なる世界を知るためのさまざまな教えと方法を用いて、さまざまな方法で自分の霊的世界を形成します。多くの場合、これらの達成の道は宗教と絡み合っていますが、時にはそれを回避します。基本的に、スピリチュアリティの発達は、人の「精神」の変容、内面の状態、個人の個人的な成長として理解されています。抽象的な概念としての「スピリット」は、人間の生活の意味を理解するのに役立つ因果関係において、それ自身の具体化を持っています。個人が真実を知り、自分の精神生活を伸ばし、自分自身を向上させると決心しているならば、彼は確かにこれに来て、ゆっくりとゆるやかにまたは容易にそして障害なしに、または瞬間的にさせます。教えがどうであれ、人の精神的発達はいくつかの要素から成り立ちません:自己知識、自己改善、自己発達。

個人の精神的発達に関するすべての教えは彼の内なる世界から来ていることに注意すべきです。スピリチュアルは常にその人格を変えることによってそれ自身の周りの世界を変えるという人間の願いでした。人間の精神的な進化は、彼が彼の魂の理解と意識のより高い段階に立ち上がることを可能にします。十分に発達した精神的に発達した人を形成するためには、まず第一にあなたは対象のエネルギーと体調の発達に従う必要があります。これは外の世界とその中の人々との調和のとれた存在に貢献します。霊性は成長であり、誠実さと自己実現に向けた人間の一定の進歩です。

Загрузка...