人間性は人格の質であり、それは人々の日常的な関係に関連してヒューマニズムを表現する道徳的原則によって特徴付けられます。人道は、重要な当局の例による人の社会化と育成の過程で形成される後天的かつ意識的な症状です。人間性は最高の美徳、人間の尊厳を意味します。

人道的性は、特定の性質の性質および世界に対する態度であるいくつかの属性によって特徴付けられる。これらの資質には、親切、他人を支持する自己犠牲、のれん、誠意、同情、寛大さ、尊敬、謙虚さ、誠実さなどがあります。

人類とは

人間性は、外の世界との関係で、人の行動における人格特性として現れます。人々を尊重し、彼らの幸福を促進し支援します。より完全には、この機能は、共同作業したり、人々と直接コミュニケーションを取ったりするときの集団的および対人関係で明らかにされます。社会集団では、この質が最も重要です。

人格のこの特性は、親または他の評判の良い大人の例に基づいて形成されています。そのような人の現れ方の現れまたは欠如は、家族内生活様式およびより古い世代からより若いシナリオへと移されたシナリオによって引き起こされます。

この質の形成における主な役割は、家族の生活様式の規範を作り出す母親の育成によって演じられ、それは子供の道徳の発達に貢献します。子供が事前の学習や模範なしに高い道徳的資質を示すことを要求される状況があり、それは成長する人格の内的および外的な対立を引き起こします。

グループの発展と社会化の過程で、個人は親しみやすさと参加、その過程で他の参加者とコミュニケーションをとる能力を示し、それを守るために彼らの立場を表明し、発言する必要があります。必要とされるスキルの発達度が低いと、チームによる拒絶が起こり、それが部外者の出現に寄与する。この分離の理由は、異なるカテゴリーとしての成功と道徳の問題です。

幼い幼児期にある人が人間関係のルールを習得し始め、文化的および衛生的スキルを学びます。子供たちは、大人の要求に従うことで、自分たちでルールを守り、グループ内の他の子供たちによってこれらのルールの遵守を管理する傾向があります。多くの場合、幼児は同僚の行動について不満を持って大人に頼り、規則を確認するよう要求しますが、ここではそのような要求に静かに対応するのが非常に難しいため、人類の顕現の問題が生じます。そして、苦情を申し立てた子供は、もう一度同僚を個人的に止めてグループ内のルールを思い出させることをお勧めします。

人類の形成過程は、小さな人が自分を社会の一員として識別し始めるので、子供が自立を獲得し、行動の増加を求める「私自身」の期間に特に活発です。この時点で、子供は最も近い権威ある物(両親、友人、本の英雄、映画)の例に関する相互作用について、コミュニケーションの規則と方法について学びます。

人類は逆説的な現象です、それは彼の本当の人格と態度を反映せずに人の行動を通して現れる。対人関係で形成され成功裡に開発された市場関係では、物質的商品の追求、成功の属性および幸福のために、道徳的価値および人格は結び付くことをやめられた。人類、人類は弱さの一種の同義語となりましたが、文学や映画はしばしばその登場人物の登場人物を誇張して表現しています。

愛、受け入れ、尊敬の必要性は、他人の生活への参加として、興味の表明を通して実現されます。そのような人類の出現の複雑さは、多くの人々がそのような資質を教え込むのに必要とされるよりも好ましくない条件で育ったということです。これは、CIS諸国で20世紀の終わりに両親が育った子供たちに特に反映されています。当時、生き残ることが必要であり、育成の仕方が変わったため、子供たちは、両親の前向きな例、修正および権限なしに、膨大な情報を得て成長しました。

道徳的基準の形成とそれらの重要な要素の顕現の技能を教え込むことは家族とその伝統です。両親が服従と絶対的な権威を要求する独裁的家族では、子供たちは日和見主義者として成長し、コミュニケーションに明らかな困難を抱えています。過度に厳格な育成方法に従わされてきた子供たちは、人々や家族との関係について歪んだ理解をしています。

民主的家族で育った人々の人類の出現は、より自然に起こります。これらの家族は自尊心を形成し、子供たちに他の人々に開かれていることを教えます。子供たちへの関心、彼らのニーズ、ケア、尊敬に基づく家族の感情的環境は、子供の道徳的価値観を形成するための主な条件です。

人類の形成は家族の数に影響を与えます。多数の親戚がいる多数の家族で成長する子供たちは、状況、当局および意見に対する行動および解決策の例をより多く持っています。多くの親戚が親切、共同体、親しみやすさ、尊敬、信頼の形成に貢献しています、そしてそのような家族において共感のスキルは獲得されます、そしてそれは人類の構成部分です。

人類の問題は存在しないのです。その表れは、太陽の下にある場所への権利を持っているという、私たち自身、私たちと他者の能力、私たちの義務、環境に対する認識、私たち自身の世界に対する認識にあります。ほとんどの場合、これは問題です。コミュニケーションの標準として、人類の出現に十分な安心感がないためです。人の優しさ、参加、その他の道徳的な資質は、弱さと危険を感じさせます。これが問題です。

環境と世界を成長させ、探求する過程で、子供たちは「ジャングル」の中で大人の生活の生存のために戦うように準備されています。大人として、子供たちは他の人をパートナーよりもライバルと見なしているので、敵対的な態度です。

人類の問題は、全員、そして彼らの生活の中の全員が直面しています。ある時点で人々は人々からの支援を必要としています。これは、困難な時期、意思決定中または責任中に特に感じられます。それから他の人々の人道的な行動の採用に関して困難があります。結局のところ、外部からの確認を通してその重要性を感じるためには、この外部に対してオープンである必要があります。他人への開かれた態度には、信頼、自己、そして自分の権利への信頼が必要です。人類の顕現と他の人の道徳的資質の同じ問題は、彼の人生に対する権利と他の人々の人生に対する権利の受け入れにかかっています。人生の最初の数年間で母親である両親、すなわち世界でのいわゆる基本的な信頼は、生命に対する権利の養子縁組を教えているということを付け加えることができます。彼がそこにいないとき、その人は環境によって脅かされていると感じます、それゆえ彼は自分自身を守り、自分の個人的利益のためだけに行動します。人類を表現することができる人は強い基本的信頼を持っています。それは意識的な選択を通して人自身によって、または母親によって形成されます。

他人に対する態度の親の例は、子供のための先験的行動シナリオとして役立ちます。世界からの保護、戦うための考え方、自分自身の強み、能力、そして権利への個々の疑問の促進は、人間関係の理解や欠如といった問題に対する、関係や彼らの必要性を理解するのを困難にします。

人生からの人類の例

社会における人間性は人間関係の一種の傾向になり、それは個人の価値を理解するための条件を作り出します。これは、周囲の人々をよりよく知り、同じ考えを持つ人々を見つけ、コミュニケーションを改善するのに役立ちます。人々は本当に興味を持っている人々に手を差し伸べ始めています。困っている人を助ける人は、人生を大切にする能力を示します。

職業活動では、人類もまた現れます。最も人道的な職業は医師、教師、救助者です。

救助者といえば。 2015年、フロリダ州の4人の男性が、一対の高齢者に向かって人類を見せました。彼らは芝刈り機、トラックを掃除し、老夫婦の車に乗ってタイヤを交換し、そして老人を時間通りに病院に連れて行き、彼の寿命を延ばす手術を受けました。 Timurのメンバーが働いていた消防署の長によると、彼らは彼らがしたことを言わなかった、彼はソーシャルネットワークのニュースフィードからそれについて学びました。

人類の出現は愛する人の命を救います。これは愛と受け入れの必要性の自然な表れです。それは人類を明​​示することは非常に簡単です、それはティーンエイジャーがしたように、話し始めるのに十分です。アメリカのダブリンでは、16歳の若い男性Jamieが、「大丈夫ですか」という質問を1つだけすることで男性を救った。そのような単純な質問で、とても良いことです。男は人生に別れを告げようとしていました、男の子は彼に尋ねました、そして、彼らは話しました。最終的には、将来的には、この男は幸せな父親になりました。

人類の出現は人生を豊かにします。それが人への助けであるかどうか、彼らの命を救う際の動物であるかどうか、それは友人や見知らぬ人の状態と必要性への通常の注意です。人生へのこの参加は、これは自分自身を示す機会です、彼らの劣等についての愚かで厄介な考えは間違いでした。人間性は人格特性であり、その現れは人格強度であり、それは意識的に現れる価値です。

これらは人々の要求による人類の現れの例であり、それは意識的な選択でした。この選択は、人、人、単なる生きる以上のことができる理想的な存在としての自分自身の価値と意義を認識しながら、誰にでももたらされる可能性があります。

Загрузка...