商売の精神は、少しの慎重さ、過度のそして不合理な利益の獲得、無駄な刺痛、自己利益、そして過度の実用性を表現する人間の特性です。検討中の概念の同義語は、貪欲、貪欲、貪欲、甘やかす、shkurnichestvoです。

商品精神の本来の意味は、否定的な意味を持たなかった。この言葉にはフランス語の「ルーツ」があります。以前は純粋に経済的な意味がありました。 16〜17世紀の商業システムは、他の州を犠牲にして貿易活動の範囲を拡大することを意味していました。しかし、20世紀の初めに、検討中の概念は異なる意味を獲得しました。商人は、inginess、傭兵主義、inginess、過度の実用性、慎重さ、自己利益になりやすい個人を指すようになりました。

どういう意味ですか

今日、商業主義はほとんどの人間の主題に内在しています。この現象の蔓延の理由は、進歩と市場経済の形成と考えることができます。今日では、商品と金銭の利益が社会に行き渡っており、精神性の発達と個人の道徳的および道徳的形成は背景に後退しています。これは、皮肉と商業主義の世界的な広がりに貢献しています。誰もが言葉商売精神は否定的な意味を持ち、否定的な性格特性を意味することを知っています。しかし、誰もがこの現象とその症状の本質を認識しているわけではありません。

記述されている用語は、かわいらしさ、習得性、緊密な戦い、けち、自己利益を起こしがちな人々を表しています。この現象の理由の中で、「bash on bash」の原則、既存の法律および市場システムの現実に基づいて、親によって導入された基本的なインストール、教育を区別します。

実用主義、慎重さ、常識を装って隠れている商人は、自分の行い、尊厳、そして与えられた奉仕のためにふさわしい報酬の成果として自分自身の目標と欲望を提示しようとします。

商業主義の兆候は、次のような特徴があります。

- より有給の仕事を見つけたいという堅実な願望(商人の個人は常に彼の仕事が十分に報われていないと確信している)。

- 精神的な資質や知性ではなく、富、金銭的安全性について、周囲の人々を評価する。

- お金が足りないことについて常に悩んでいる。

- 注意を示すことができない、共感、暖かさ、他の人との関係で優しい気持ち、無償の援助。

- 他人の福祉への持続的な関心

- 目標の計画と夢の実現には多大な資源コストが伴います。

- 利他主義、寛大さ、無条件の愛ができない。

- 全体の利点に焦点を当てる。

- お金の問題についてだけ話す。

- わがまま

- 無関心の拒絶

- 過度の倹約。

商業主義の不利な点は次のとおりです。

- 限られた利益

- 結婚相手を見つけるのが難しい。

- 強欲な友情の欠如。貪欲な人々との友情の中で、特に興味を持っている人は誰もいない。

- 「お金のためのお金」の原則を導く無意味な買収。

- 精神障害

しかし、否定的な結果に加えて、商品精神も肯定的なポイントを持っています。まず第一に、商業の個性は勤勉と勤勉によって特徴付けられます。彼らは自分の時間を大切にするので、そのような人々は何もしないか無意味なことをすることに彼らの一日を無駄にしないでしょう。彼らは拒絶する方法を知っていて、無数の連続した親類または慎重を期する同僚からの無数の要求に従う傾向がありません。彼らは起業家精神と「空の」場所でお金を稼ぐ能力を持っています。

商業の人々は常に経済圏のニュースに興味を持って、今後の危機や切り下げを予測することができます。彼らは豊かな生活を愛しているので、彼ら自身の欲求を満たすためにどんな障害も打ち倒されるでしょう、そして彼らは寛大さで違いません。

しかし、考慮されている個人的な質のかなりの肯定的な側面にもかかわらず、商業の対象は社会を好まない、彼らはしばしば同胞です。

したがって、商品精神は簡単に言えば否定的な特徴であり、これにも肯定的な側面が含まれています。この用語は、彼自身の人のために利益を得るために何らかの方法で求めている個人と呼ぶことができます。

女性の商売精神

そのような女性の商売の精神の概念があるのでしょうか、それとも噂の男性や若い敗者によって発明された神話なのでしょうか。記述された個人的な質は性的条件付きを持っていますか?

女性がパートナーを彼女の仲間にすることを好む場合、その結果として、彼女は商売人です。それはかなり論理的です。そうではありませんか?しかし、この文は常識の一滴でさえありますか?

それぞれの人は人生のパートナーの中で美しい若い女性を探していて、しばしば魂の美しさを忘れています。キャバリアーズは、完璧な形、光沢のある髪、表情豊かな目、魅力的な笑顔で、お手入れの行き届いた女の子を夢見ています。

次に素晴らしい女性を夢見ている男性は、グルーミングには金銭的犠牲が必要であることを完全に見逃していました。もちろん、特別な金銭的費用を必要としないが、一時的なリソースを必要とする美しさのための多くのレシピがあります。そのため、若い女性は自分自身の美しさを維持するために財源を使うか、あるいは物質的幸福に直接依存する一時的なものを使うかのどちらかです。また、パートナーが頻繁に顔の泥マスクで足の脱毛をしている彼の女性のパートナーを見れば男性の愛がすぐになくなることを忘れないでください。

もちろん、最初の強い半分が選ばれた可能性の出現に注意を払うのはごく普通のことです。若い女性が初日の男性の成功の外的属性に細心の注意を払うのも普通のことです。

したがって、商業精神を安定性、豊かな生活、将来への自信への平凡な欲求と区別することが必要です。普通の自給自足の人は常にもっと多くのことを目指します。しかし、この言葉の商品精神は正確に利益に焦点を当てることを意味します。疑いや感情の場所はありません。主な目標は利益です。

したがって、商業用の女性は、自分自身のための利益を求めるものすべてにおいて、若い女性です。彼女は自己利益によってのみ導かれます。男性の意識や業績を評価する少女は、自己利益ではなく、普通の実用主義によって導かれます。

多くの場合、男性は、すべての女性が商品性を考慮しながら、明らかに気付かず、偶然的に実用性と慎重さを獲得しています。実際、女性は男性の心、性格の強さ、自信を賞賛します。そして、経済的安全保障がしばしば男性に自信を与えるのは彼らのせいではありません。

商人の女性は、温かい心、無私の行い、そして世話をすることができません。彼女の興味の範囲は物質的な願望によって制限されているので、より頻繁に、彼女は非常に知的に親密です。彼女から、あなたは彼女が自分の経済的困難についての不満をしばしば聞くことができます。そして、彼女はそれを喜んで男性の肩に渡します。

したがって、商業的精神は、利益を得ることが優先事項となり、自己利益が人類を曖昧にするときに達成されるとき、計算がすべてにおいて優勢であり、実用性ではないときである。

そして、遠い将来を覗くことを恐れずに、信頼でき経済的に安定したパートナーと強い社会的ユニットを作りたいという願望において、自己利益はありません。ここでは、常識だけです。当然のことながら、あなたはお金で幸せを買うことはできませんが、小屋で素敵な楽園を見つけることもできません。

男性の商業精神

すべての美しい女性の商業精神についての一般的な信念に反して、勇気あるセックスの現代の代表は、それほど自己奉仕ではありません。男性の商業精神の規模は、女性の精神精神よりもグローバルです。アダムの息子たちは、彼女のレストラン代を支払うことを望んでいる仲間を探していませんが、彼らは、数百万の企業の相続人とハイメンの絆を結ぶ準備ができています。さらに、すでに述べたように、紳士たちは手入れの行き届いた美しさ、美しい主婦、そして情熱的な愛好家を1つの「ボトル」で好む。その結果、これらの男性の好みでは、商売の精神は隠されています。なぜなら彼らは彼ら自身の利点によってのみ導かれる彼らの仲間を選ぶからです。

商業精神とその性への依存について議論する前に、検討中の概念の本質を明確に定義する必要があります。

商人の個人は常に自分の利益によって導かれます。絶対に利己的でない人は存在しませんが、彼の行動はすべて個人的な自己利益によって浸透しています。自然は、開発、自己改善、より良い存在のために努力するという人類に固有のものです。これらすべては十分なリソースがなければ不可能です。

すべての人間の行動には原因があります。人々は何かを成し遂げるために物事をやる:彼らはさらなる物質的支援のために勉強し、彼らは賃金のために働く。男性は家庭の快適さ、おいしい食べ物、世話、性的満足、支持の最愛の人から欲しいです。彼らは彼らの仲間が彼らの装飾品であり、「汚れにうつ伏せになることなく」会話を自由にサポートできることを望んでいます。

女性は安定を望んでいるので、このニーズを満たすことができるパートナーを探しています。彼らは最初に男性に対する彼らの態度、そして次に彼らの個人的な資質において恋に落ちます。高い財政能力は紳士が女性をもっと美しく見せることを可能にします。したがって、すべての女の子はお金だけを必要としているようです。この立場から判断すると、性別を問わず、人々は互いに商売をしていることがわかります。これは自然な傾向によるものです。

次の世界的な点について、男らしさを評価することができます。

- 配偶者のお金で事業を維持する。

- 義理の会社での雇用

- 配偶者の身分について

- 彼が住んでいる生活空間の所有権について

- 忠実なの両親によって。

これらの側面は男性の商業主義を示すかもしれません。配偶者を奪って自分の名前でローンを借りて信心深い者から逃れるキャバリアーズはむしろ犯罪者として分類されるべきです。

商業的な人々は、性別に関係なく、常に個人的な利益によってのみ導かれ、無私の行為ができません。彼の考えはすべて利益の方向に向けられています。

進歩的発展と生活の迅速化による現代社会は、感情と精神的価値をますます置き換え、それを物質的なものと置き換えています。今日、寒さの計算は世界を支配し、利他主義は精神障害の代名詞となっています。しかし、それは合理的に行動することを好む、そして商売と見なされる感情について続けないすべての個人であるべきではありません。

今日の商人の個人は社会によって課された標準であると主張することができます。この傾向はほとんどポジティブではありません。利他主義のための場所がない社会は実行可能ではないので。そのような「ディストピア」の未来はありません。それは利己的な利益によってのみ導かれる、異種の個人の集中に変わります。

したがって、そのような現代の傾向に疑いなく従うことは不可能です。同様の現象に抵抗する必要があります。そして何よりも、大きな責任は若い世代を育てるという面にあります。主に両親です。今日の健全な人格の形成は、絶え間ない経済危機、経済的困難、そして失業によって複雑化しています。そのような状況では、両親の心は生き残りたいという欲求によってのみ満たされ、基本的な必要性を満たし、それゆえ精神的価値の形成と道徳的資質の付与は背景に後退します。

しかし、私たちは道徳的に安定した私たち自身の子供たちを教育し、お金を五感より上にするのではなく、優先順位を正しく設定する方法、そして精神的な資質より上の経済的安全を教えるように努めるべきです。

Загрузка...