心理学と精神医学

クイックテンパー

熱気は、異常な、過度の感情的症状、通常の刺激物への爆発的反応、失禁、怒りの素因への悪化です。検討中の現象は男性でより一般的です。女性はまた熱い怒りがちですが、彼らのバージョンはしばしば被害者の立場を振り返り、通常犯罪やヒステリックに見られます。ヒステリーと肌触りは、女性らしい気分の変化の種と考えられています。この概念はしばしば悪い性格特性と呼ばれます。これは完全に真実ではありません。ホットテンパーには2つのバリエーションがあります:合理的なものと空のものです。

急な気分を引き起こす

手に負えない怒りが存在を深刻に複雑にし、環境との関係を歪める可能性があるため、問題の概念は最良の特性ではないと考えられています。怒りや攻撃性を伴うことが多い神経質な興奮のとき、言われたことを分析して正しい言葉を選ぶことは困難です。その結果、短気な人はしばしば彼らの価値のない行動の発現を恥じています。しかし、かなり短期間の後、この状況はいくつかの状況の影響下で繰り返されます。

ホットテンパーは、ネガティブな感情を意識の深みへと駆り立て、精神的問題、コミュニケーションの障害、そして自己認識を引き起こすので、心理学においてはかなり危険な現象です。

過度の気性を誘発する理由は、不当に引き起こされる様々なストレッサーや不公平が含まれています。

問題の状態を引き起こす一般的な要因:睡眠不足、悪い習慣、絶え間ない不安、不健康な食事、低カロリー食品の乱用、不安の増大、疲労の蓄積、ビタミン欠乏症、うつ病、生活上のトラブル。

多くの場合、興奮性の増加は感染症、精神障害、消化管の病気、糖尿病の存在を示します。さらに、熱い気分は甲状腺機能不全が原因である可能性があります。

女性人口の暑さは、妊娠中や閉経中によく起こります。同様の症状が体内のホルモン変換にも関連しています。アダムの息子はホルモンテストステロンの生産の減少による過度の興奮性に苦しんでいます。また、科学は、この特徴が安定した特徴であるならば、それが遺伝性であることを証明しています。

自尊心が低い人は、しばしば彼の前のバーを過大評価します。結果として、彼らは理想的な「私」の彼ら自身の遠く離れたイメージに対応することができません。これは、家族関係における不満、職場環境における問題を引き起こします。その結果、常に精神に根ざした過敏性が見られます。これを避けるために、あなた自身の成果を他の個人の成功と比較する必要はありません。

間欠的なホットテンパー

攻撃的な攻撃、言葉による侮辱、暴行は、過度の短気さの特徴的な兆候です。誰もが精神病になることができますが、攻撃的はしばしば断続的な短気の乱れによって引き起こされます。そして、それはしばしば人類の強い半分に影響を及ぼします。

記載されている障害の特徴は、軽微な状況への不適切な対応、わずかな言い訳、批判、かかり、ストレス、人間関係の困難さであると考えられています。各被験者は再燃することができます、しかし大多数はまだ過度の感情的な反応を制御することができます、しかし問題の障害で、個人は彼自身の反応で止められません。彼の狂気は常に許されていることを超えており、定期的に繰り返される傾向があります。

断続的な気分障害は行動異常と呼ばれ、しばしばアポジーに達する、怒りの爆発的なエピソードを特徴とします。そのようなフラッシュは、それらを引き起こした状況とは不釣り合いです。衝動的な攻撃性は非自発的であり、実際のまたは計画されたあらゆる挑発に対する不均衡な反応によって引き起こされます。何人かの人は発作の前に感情的な変化を示します。

記載されている異常は、それが暴力に変わる可能性があるので治療する必要がある深刻な精神的健康障害です。友人、同僚、親戚は苦しむかもしれません。この障害を患っている人は他の精神障害の危険にさらされています。その中には、アルコール依存症や薬物中毒の頻繁な例です。また、記載された年齢による障害は、しばしば心筋の問題、糖尿病、高血圧、関節炎を引き起こす。したがって、暑さを取り除く方法の問題は、その関連性がないというわけではありません。

今日、この障害は自制心と行動反応の破壊的で衝動的な障害として分類されます。記載されている逸脱を患っている患者は、さまざまな身体的症状(発汗、動悸、胸骨間腔での拘束、けいれん)を特徴とするエピソードを示している。積極的な行動はしばしば安心感を伴い、時には快感を伴う。後悔はそのような感情を置き換えます。

この逸脱の大きな特徴は、攻撃的な捕食者に対する抵抗力の欠如の個別のエピソードの出現であり、深刻な悪意のある行為や物事の破壊につながります。

発生時に示された攻撃性の程度は、心理社会的ストレス要因の誘発または影響に比例しません。

他の精神障害、例えば反社会的または境界的人格障害、躁病エピソード、行動障害を伴う可能性がある他の精神障害を除外した場合にのみ診断を行うことが可能であるため、記載された逸脱を診断することはかなり難しい。

さらに、アルツハイマー病、特定の化学物質(薬局方薬、麻薬)の直接の生理的影響、および頭部外傷のために、同様の臨床症状が発生する可能性があります。

問題の障害の徴候には、通常、以下のものが含まれます。

- 攻撃的な刺激に抵抗するためのいくつかの別々の拒絶攻撃。暴力的な否定的な感情や財産の破壊を引き起こす。

- アウトブレイク中に現れる攻撃性の程度は、心理社会的ストレッサーとは通約できない。

- 攻撃性の発生は、精神の他の病状の存在によるものではありません。

ホットテンパーの扱い方

過度の気性に苦しんでいる個人は、自分の親戚の存在を複雑にします。どんな些細なことでも、そのような対象には不適切で不適切な否定的な反応を引き起こす可能性があります。これは同僚、知人、親戚との交流を複雑にします。過度の気性はしばしば家族関係の不和につながります。このように、外部からの衝動に対する不適切な否定的な反応は私生活に害を及ぼし、キャリアの成長を妨げます。

暑さを取り除く方法を理解するためには、その性質に対処する必要があります。感情の現れは、刺激に対する神経系の反応です。声明の中の個々の誤解の矛盾、怒りの急激な爆発、周りで起こっていることすべての絶対的な意見の不一致は、しばしば神経質な過度の緊張の結果です。したがって、過度の暑さがこれらの要因によって生成された場合は、その後、平凡な休息、完全な睡眠または趣味がそれを取り除くのに役立ちます。

個人が深刻な生命の混乱に直面しているとき、どんな小さな事件でも攻撃性の単一の発生を引き起こすか、またはより深刻な病気の出生の原因になる可能性があります。したがって、心理学者は否定的な感情は回避方法を与えなければならないと言い、そうでなければ彼らは状態を悪化させるでしょう。個人は内向きに突入し、環境に対する憎しみを養い始めるでしょう。過度の気性が不可分の性格特性に生まれ変わる危険性もあります。

心理学における熱気は危険な状態と考えられているため、身体システムの機能に障害を引き起こしているため、攻撃の制御されない発生に対処することが必要です。

スポーツ、特に高い身体活動に関連したスポーツは攻撃性の発生を防ぐのに特別な効果があります。スポーツ活動は過度の緊張の解消に貢献します。

自己催眠や平凡な自動訓練の要素を無視することもお勧めしません。演習は実行が非常に簡単ですが、効果はすぐに現れます。より速い結果を得るためには、これらの運動と呼吸運動の要素を組み合わせることが推奨されます。

さらに、怒りの原因となるフレーズや行動にすぐには反応しないようにルールを作成する必要があります。応答文またはアクションの前に一時停止することをお勧めします。あなたは精神的に5まで数えることができます。文字通り数秒で、刺激はわずかにおさまります、その結果として攻撃性の発生はありません。

積極的な感情でそれを飽和させるために彼ら自身の存在を多様化することもまた推奨されます。自然に親戚を連れて出かけたり、映画館に行ったり、友達に会ったり、文学を読んだりすることがもっと必要です。私達は過度の気性のホルモンの起源を排除するべきではありません。資格のある内分泌学者がここで攻撃のエピソードを取り除くのを助けるでしょう。