傲慢とは、独占的に否定的な徴候を示す性格特性であり、個人が他の人よりも自身の徴候やニーズを重視する傾向があるという事実に表れています。人の傲慢は、しばしば彼自身の現れの優先順位だけでなく、他の人の現れに対する侮辱的で侮辱的な態度とも組み合わされます。唯一の重要な意見は自分自身だけです、傲慢な人は他人のすべての考え、フレーズと行動に批判するか、または傲慢な態度をします。

傲慢の概念には、過度の自信、自慢、過度の野心などの表れが伴いますが、これらの資質のいずれとも別の同義語ではありません。この用語を明確にするために、傲慢や誇りなど、傲慢の要素でもある他の言葉が使われています。

それはなんですか

傲慢という言葉の意味は、自分自身の長所、業績、成功を誇張したいという願望に還元されます。

この特性は先天的ではなく、神経心理学的組織のいかなるパラメーターによっても決定されませんが、主に育成の仕方や人の社会的環境に左右されます。この特徴は個人的な表明の文脈ではなく、傲慢と傲慢が可能であるとき、個人的な欠陥が気づかれないこと、そして美徳がグロテスクな状態に誇張されるときの道徳的および倫理的規範と文脈からもっと考えられます。

人格傲慢の質は、否定的なスペクトルのみを指し、一般的な社会的意味だけでなく、人と他人とを比較したときに明らかに示されるだけでなく、自分の運命を果たすためにもあります。この機能の背後には、自分の誤りを実際に認識するのではなく、非常に優れた光の中で自分自身を見せようとするときに、自分の複合体を隠すことを試みることもできます。これは本当にそれがそのような状態に対応しているという理由だけでなく、その善と不完全さを疑う者がいないようにすることができます。

そのような場合、複合体のために、心理療法的効果が可能であり、自分自身で独立した仕事をした後、人の状態は正常に戻り、社会に現れる自尊心と環境にやさしい方法の両方が戻ります。

それが内部的な選択とそれ自身の立場によるものであるとき、例外的に否定的な質の傲慢が考慮されます。そのような場合、他の人はそのような態度を容認するのが難しいので、どんな関係もビジネスから個人へと壊されます。健康状態は、緊張状態が一定であるために、心身神経系の土壌では悪化する可能性があります。緊張は、自分の独占権を維持し、自分の嫉妬と戦い、他の人よりも優秀になるために必要な競争です。人は休むことがなく、間違いを犯す権利もありません。それは、結局のところ非常に狭くて発展していない枠組みの中で人格をロックします。より傲慢な人が現れるほど、彼は自分の存在に特有の、本当の人として自分自身を表すことができなくなります。これは不安定な立場であり、内部的な支援はなく、他者の意見と、何かを順守したいという絶え間ない欲求しかありません。

一般的に、傲慢の明示は、対人関係の調和が破られ、人は内的世界において深刻な不均衡を持ち、相互作用の文脈において自己評価を受けることを示唆しています。さらに、この特性の高度な発展とともに、主張することや計画を現実化することではなく、客観的認識の反映として、真の個人的アイデンティティからだけでなく、社会や宇宙からも完全に分離されます。

傲慢の理由

傲慢の第一感覚から人に傲慢が現れ、教育に関わる最寄りの重要な人々または社会的環境による不適切な評価に基づいて生まれた。

傲慢さは生まれた時や子供の頃には決して形成されません、その必要条件と開発のための最も好ましい瞬間は最大の幸福の期間です。すなわちそのような状況は、人が認識を受けたとき、彼のビジネスは成功し、彼自身は彼の最高の形態にあります - そして自尊心は急激に急上昇します。そのような期間が突然始まってまだ高原段階に達していないならば、精神が変更された条件にすばやく適応する時間がなく、すべての長所、偶然、そして個人的な長所としての生活水準のほんのわずかな変化に帰せます。批判は失われ始め、その結果としてのレベルが失われ始めるか、あるいはある種の脅威が彼の前にあるように少なくとも彼の内なる自己意識を保つために、彼は他人を侮辱し、軽蔑して優位性を見せようとし始めます。

時間が経つにつれて、不適切な自尊心は、エゴスティックな人生の概念と過度に発達した誇りの絶え間ない形成につながり、その後のすべての結果とともに、自己壮大さの誤った感覚を生み出します。それは多くの場合運、傲慢の発展に寄与する状況の有利なセットと状況の有利なセットを利用する能力であるように思われます。そしてこれは、外的要因に焦点を当てて、自尊心の壊れやすい内部構造がそれ自体に対するすべての無作為な達成を数え、そして結果のすべての否定的なことを示し始めた場合の一部の場合にのみ当てはまります。

しかしながら、ほとんどの研究は成功と傲慢の間に直接的な関係がないことを確認しています;社会的あるいは科学的な地位を持たない貧困ライン以下に住んでいる多くの人々は彼らの行動と世界観においてかなり傲慢になることができます。そのような事態は、性格自体が成熟していないか、劣っていることが客観的評価を理解できないほど大きいという事実によってのみ説明される。

傲慢の発生のための外的または内的な理由を1つ選ぶことは不可能です。それは常に成長の特徴、何らかの方法で人が反応する能力、そして出現しつつある外的状況の両方を含む、全体のスペクトルです。個人的な発達のレベルは、おそらく、発生に影響を与えるか、あるいは反対に、傲慢さの減退に影響を与える基本的な要因のままです。そのような行動に対して警告する点を指摘することはより簡単です - これはなされた決定と実行された行動に対する高いレベルの個人的責任、そして個人と現実を適切に評価することを可能にする成熟度のレベルです。したがって、ある人が大人として(心理的にも感情的にも)自分自身を明らかにした場合、外的状況も、結果として生じる複合体も、現実の認識または重要な社会的つながりを失うための傲慢または傲慢の発達につながることはありません。

傲慢さを取り除く方法

彼の人格の否定的な徴候との闘いにおける第一歩は、問題の存在の認識、その領域の決定および損害の程度、ならびに欠陥の発生です。傲慢は職場環境だけに現れることがあり、他のすべての生活分野では、親密な関係のパートナーとしての生存能力のみを示すことが重要であり、他の生活分野ではその独自性を示す必要があります。これらの違いの定義が、さらなる変更の主な要因を決定するのに役立ちます。

傲慢の根拠は利己主義なので、この特性と戦うことが必要です。他人のために善行をすること、社会を最適化することを目的とした行動に参加すること、そして個人的な目標ではないことの良い習慣あなたは隣人の祖母を助けたり、庭で子供たちと遊んだりする日を強調することができます、あなたは家を解放すると同時に、無料のワークショップを開くか、あなたが困っている人に配給できるものを探すことができます。他人について考えることを学び、彼らのニーズに気づくことは、エゴイズムを取り除くための重要な要素です。そうすれば、あなたは他の人に気づき、他人と比較して適切に自分自身を評価し、屈辱なしで扱うことができます。

傲慢の2番目のポイントは、次のように、内部責任の程度が低いことです。そのような人はすべての成果を割り当てることができますが、決して彼らの欠点を受け入れません。論理分析は、状況のどこで問題が発生したのか、他の人々が本当に非難するのはどこか、そして私たちが非難の対象となる場所を判断するのに役立ちます。内的責任は、個人的な成熟度の要因を割り当てるのが最も難しいのですが、結果に誰にでも自由に自分自身を表現する自由を与えるのは彼女です。だから、偏見のない人や罪悪感を探す必要がない人は、誰でも、自分の望むことをすることができます。そして最も重要なことは、自分の好きなようにまたは良い方法でそれをすることができるということです。

習慣的な行動パターンを独立して克服することはできませんが、傲慢さが害を及ぼすだけであることをすでに理解している人にとっては、個人の心理療法または心理療法グループへの参加が役に立つことがあります。独立して働くことが不可能であるか、心理療法が警告するならば、一般的なグループへの参加は他者から自分自身を見ること、新しい関係モデルを築くこと、またはそのような人の隣にどのように生きるかに関する人々の反応を聞くのを助けます。内部の仕事が変わるにつれて、あなた自身の認識だけでなく、徐々に新しい行動戦略が現れるでしょう。