貴族は人格の質であり、道徳、誠実および無私のような特性の高レベルの発達の組み合わせを反映しています。貴族という言葉の意味は、しばしば騎士道と神聖さと同義語として使われ、個人的な表明の独自性と価値を、本人だけでなく周囲の社会にも強調しています。

当初、この言葉は貴族や高出身の人に固有の資質の全体を特徴付けるために使用されていましたが、これはこれらの階級の人々がこれらの特性を開発する特別な訓練を受けたという事実によるものです。そのような育成は彼らが彼らの選ばれた奉仕を十分に遂行するために、または彼らの行為を名誉の概念から切り離すことができない高位に合わせるために必要でした。知識と教育が利用できるようになったため、今や貴族の特性は出生によるものではなく、成熟、道徳的選択、内的価値の個人的な願望に左右されるあらゆるクラスの人に内在することができます。

貴族とは何ですか

多くの資料では、貴族の出現と基本的な立場は、キリスト教の影響とこの質の源としての神の定義によって説明されていますが、宗教の宗派を回避することによっても、貴族の概念は国によって異なります。教育のレベルで。

貴族はその人の行為が倫理的または名誉の概念に違反していると評価されることに関してその明示と規則の明確なリストを持っています。それは歴史や私生活からの例が存在することにも特徴があり、それに匹敵する可能性があります(同様の傾向は騎士団の秩序にも明確に反映されています)。

貴族らしさは、信仰や無神論に関係なく、精神的に人格を高める人格の質です。確立された法律や必需品の影響下ではなく、内面的信念の指導の下に誠実な行いが行われるからです。

貴族は人格の質であり、外的要因によるものではなく、深く内的なものであること、善行を果たすという人間の欲求、そして彼らの願望を達成するという強い意志を反映しています。あなたの行動が彼自身の内的基盤を侵害することになるので、貴族はそうでなければそうするように説得することはできません。そのような人々は、中間調や言い訳なしに善悪を共有し、それらの間に明確な境界を描いているので、彼らは裏切りを考慮しないでしょう。自分自身の幸福と利益の選択にしばしば直面して、高貴な人々は他人のために自己犠牲を犯すだけでなく、最もおいしいものを与えること、暖かい毛布でもう一つを覆うこと、お買い得それが誰かを傷つけることが知られているならば。そのような犠牲は概念自体によって正当化されることが多く、あなた自身の欲求を背景と慈善寄付に寄付することを意味します(あなたの服を寄付するか、ホームレスのために夕食を作ることから)。

この質は生来のものでも遺伝的に決定されるものでもなく、教育の過程で獲得され、その存在とその程度を子供の周りの人々、彼らの価値、考え、方法と方法、道徳的そして倫理的な資質に負っています。貴族という言葉の意味でさえ、それ自体がこの情報を持っています。そのような人格は、以前は聖職者や騎士道に関わる貴族の家庭では可能だった貴族から受け継がれていたということです。今やそれは彼の階級、霊的、年齢または教育的所属にかかわらず、文化的な人の不可欠な特徴です。

貴族の概念は非常に広いので、それを一対の同義語で記述することは不可能です。ですから、他者に恩恵を与える行動に加えて、精神的純粋さの表れとして、共感や同情、他人の理解、そして彼らの態度の公平性といった内面的側面も含まれます。

高貴な人は自分自身を他の人よりも優先させず、いかなる外部の顕現もより重要であるとは考えません。一般的に人々は高貴な行為ではないと判断しますが同時に名誉の行動規範の順守もあります。彼の良心のそのような一連の規則や指針に導かれて、貴族は刑事を罰する、敵との戦いに行く、または偽善者である誰かを支援することを拒むかもしれません。すべての善行は誠意と精神的な純粋さから行われますが、これは彼らが永遠に後援者として使用されることができる善良な人々であることを意味します。考えや不正行為。

貴族のしるし

概念の幅と貴族の現れの多次元性にもかかわらず、人を高貴な人として定義することを可能にする主な特徴または性格特性を識別することは可能です。これにはあなた自身の言葉に従うことや行動でそれらを支持すること(誓約と約束を守り、厳密に合意に従うこと、議論の後にのみ)が含まれるので、あなた自身の慰めや計画を犠牲にするためにあなたの約束を犠牲にしなければなりません。

高貴な人々は正義の明確な概念を持ち、他の人々にこの品質を重んじ、そして彼ら自身が公正な法律に従って行動するよう努めます。あなたは彼らがどのように彼らが愛する人たちに共同利益の大部分を与えるかについて見ません、彼らはみんなの投資努力に従ってすべてを共有します、そして彼らが状況を客観的に評価することができないことに気づいたら彼らは助けと助言を求めますが異なる種類の感情と挑発。

通常、高貴な人たちは十分に強く、肉体的にも精神的にも知能的にもそうではありませんが、他人を征服したり欠点を指摘したりする目的で自分の力やスキルを使うことは決してありません。それどころか、知識と強さは他人の成長を助け、困難を克服するために使われ、精神的な資質の高度な発達はひいきにして侮辱することを防ぎます。

貴族は他人に善をやるように強います。彼らの症状において、そのような人々は奇妙で区別されることを恐れていません、しかし彼らが恐れているのは価値のない行動を犯すことまたは他人の不幸を伴うことです。

心の強さはあなたが他人の中で最もよく見るだけで人の中でこれらのメーキングを維持することを可能にします、彼らは絶えず発言をしないし、失敗します。同じ内力で彼らは苦情や泣き声から彼らを救い、彼らは困難と戦うことを余儀なくされ、止まらない。貴族は他人を容易に許し、決して自分を許すことはほとんどありません、査定の厳しさと自分自身に対する要求は常に最大です。

貴族と忠誠心

忠誠心はその特性の貴族と多くの共通点を持っていますが、彼らは常に近いものの、これらは異なる資質です。忠誠心のような忠誠心の法則に違反する不可能な貴族は、精神の貴族の反映です。忠誠の概念も個人的な表れの道徳的かつ倫理的な要素の一つであり、変化が起こっているにもかかわらず、彼の選択と感情、課された義務と義務の履行における人の不変性を特徴付ける。忠誠という言葉は信仰から派生したものであり、コミットメントの不変性によって確認される、人間の信仰の不可侵性について語っています。これは神への信仰であり、そして忠誠は聖書の法則の厳格な遵守、または人への信仰によって明らかにされ、それから清潔さと関係の恒常性を保つことにおいて忠誠が明示されます。貴族が自分の言葉を厳密に果たすことを人に要求するのと同じように、忠誠もまた選ばれた道をたどる厳密で一定のものを要求します。

忠誠心と貴族の概念は同じようなものに基づいています:正直さ、勇気、自信、不変性、幸福、彼ら自身の決断への自信、そして善を追うこと(自分自身だけでなく、人類を理解するため)。傲慢な貴族の現れの1つ(あなたが言葉を話すときに来る主な例とイメージとして)はあなたの王、ビジネスと女性への忠誠心です。少なくともその瞬間のうちに忠誠心が侵害された場合、その人の道徳的性格全体が、称号の剥奪まで疑いの余地がありました。今、騎士道は少し違った外観をしていますが、忠誠を示さない男の貴族はこれまで考えられないことであり、外部の人物(上司、ビジネス、女性、アイデア)だけでなく彼自身と彼の内的原則に対しても忠誠です。

Загрузка...