傲慢とは、どんな愛着からの切り離し、アクセス不能、または環境との関係での寒さのために、人におけるその重要性の誤った意味を形成する可能性がある性格の質です。言い換えれば、「吹いたシャボン玉」のように、重要な人物として現れたいと思う人は、触覚的および感情的な衝突の可能性から自分自身を撤回し、文字通りと比喩的に、彼の冷たさと近づきやすさの両方で彼に触れるようにみんなを誘う。

それはなんですか

聖書は、傲慢さは神から切り離され無視されている個人に固有のものであると述べています。傲慢という言葉には、スラブの起源の根があり、この概念の正確な意味は「吹く」または「膨らませる」ことであり、同義語は傲慢、傲慢または傲慢です。

反意語の傲慢さは謙虚さまたは謙虚さを表します。

彼の「冷たい冷たさ」を持つ人の傲慢さは、彼女と早く感情的な親交を続けたいと思っている自分自身から他の人格を押しのけます。傲慢はあなたがあなたの感情や感情を共有すること、泣くこと、後悔することを許しません。現在の人の質はそれと通信したいという欲求を落胆させます。

感情、愛情、愛 - これらは傲慢な人の語彙の中の違法な言葉です。彼は彼らを魂の奥深くに隠します。人の独創性と個性が明らかにされ、それから共感が生じて愛情に変わるのは、まさに感情や感情の現れの中にあるのは秘密ではありません。失望を恐れて、傲慢な人はどんな愛着からも離れて、誰も彼の内なる世界に入れないので、彼は自分自身を、有利に、自然にそして不倫に振る舞うのをやめます。

傲慢とは、内気、ぎこちなさ、束縛の「療法」です。傲慢のマスクを身に着けている人、そしてこれはぎこちなさとこわさを消費することを意味する、彼のために重要な問題を解決するのは簡単です。

傲慢な人はだれにも教えることはせず、強制もせず、緊張もしません。他人に何かを課すことは彼の意図の一部ではありません。彼の規則は「彼らの道」を進むことです。彼は他人から怠慢のためではなく、しばしば「冷たい接近不可能性」のために一時停止されており、その背後にある安全でない個人は隠されています。親密さはアクセシビリティ、拒絶を「解消する」ことができ、そしてその背後にはそれ自身の不完全性と弱さが現れるでしょう。傲慢さは、その性質において、傲慢、癖、こわばりに非常に近い。

傲慢な人は他の人を屈辱にさせたくはありません。彼の冷たさとはがれは皆に害を与え、その結果人々に感情的な憤慨と憤りを引き起こします。しかし、この品質を持っている人は狙われた屈辱を持っていません。

原因

傲慢な行動の起源は子供の頃に発生します。

傲慢の発展は、2つの理由の影響を受けます。

- 個人的な欠陥の過補償として機能する、人間の精神の防御的な反応。

- 明らかな成功の結果としての傲慢の出現。

これは心理学者を傲慢の出現に貢献している要因は以下の事実であるという事実に導きました:劣等感、利己主義、自信の欠如、低い自尊心、赤ん坊が家族の中でペットである場合、自己中心主義。成長すると、たとえ彼が本当の功績を持っていても、子供はこの役割に慣れます。

子供が社会的地位の高い家庭で成長し、他の個人よりも社会で主に優れた地位を占めているという事実に慣れれば、この個人は確かに傲慢になります。

傲慢の兆候

この質のためにまっすぐさ、同情の欠如、崇拝、猥褻さによって特徴付けられます。これらは、無意識、爆弾、自慢、ぐらつきを上回ることができる強みです。傲慢な人は「彼の尊厳を落とす」ことを恐れてほとんど笑わない。

傲慢な人はだれにも卑劣なことをしませんが、他の人格には彼らが彼の平等ではないことを示します。これは外的な行動において注目されており、そして傲慢な人は、特に誰かに適応するために、親交のために行くつもりはないことを示唆しています。

傲慢な人がコミュニケーションを望んでいるとき、彼はコミュニケーションを開始する前に社会的地位を識別するために他の人を「スキャン」します。個人が興味を喚起しないならば、そのとき傲慢な人は彼にぞっとするような一瞥を「投げる」か、単に動かないことの非言語的な信号を動かします。彼は見ない、彼は眉を上げ、彼は聞くことなく去ります。

傲慢な男は言葉なしでやろうとします。彼のために本質的な自己満足、自信、傲慢、傲慢、他の人格に対する容赦なく侮辱的な態度。多くの場合、この行動は平等な人々との接触で見られ、社会的地位の低い人々とのコミュニケーションにおいて最も顕著です。

例えば、社会的地位の高い人とコミュニケーションをとることは、それが上司である場合、共犯は高慢な性格に内在することがよくあります。

傲慢さは精神病理学的傾向がある人にも見られます。

そのため、性格が次のような性質を持っていれば、その傲慢さについて論じることができます。

- プライド

- 贅沢

- 頻繁に眉毛を上げる

- 対話者を見ないでのコミュニケーション

- 頑固さ、自信、嫌悪感と組み合わせて軽蔑。

傲慢な個人が支配する必要があります、彼は彼の能力と成功のメリットに過度の信念を持っています。しかし概して、行動の傲慢は不確実性の代償メカニズムとして機能します。そのような人は賞賛、特定の資質の存在の尊重、または行われた行動を切望します。

ある意味で、ある状況下での傲慢な行動は、すべての人に固有のものです。しかし、絶え間ない傲慢さによって特徴付けられる個人に関しては、これは彼らの強い行動モデルです。

人間の行動の傲慢さは攻撃性、差別、敵意を生み出します。個人的なレベルでは、傲慢さは極端な形態を導き、人間の健康に害をもたらします。なぜなら、社会にその優位性を証明するために、個人は自分の体の限界で働いているからです。

傲慢さを取り除く方法

傲慢な行動を取り払う必要があるならば、人の傲慢さを経験しなければならないそれらの人々の代わりにあなた自身を置くことは時々必要です。彼らがより悪い何かであることを考慮しないで、彼らがそうであるように人々を受け入れることを学ぶことは重要です。ある人に他の人より優位に立つ権利を与えるものは何もない。傲慢な人が、彼が対話者を怒らせたことに気づいたならば、この場合、人は自分自身を言い訳すべきではなく、単に純粋な心から謝罪するべきです。他の人が傲慢な人を罪を犯していると見なし、自分の背後にある罪を認識していない状況では、彼女は自分の視点をわかりやすく守るべきです。

話をするとき、個人的な優位性を指摘すること、コミュニケータに対して軽蔑的な態度を示すことは許されません。あなたは友人、親戚、同僚に尋ねることができます。行動の間違い、欠点、美徳を指摘することができます。聞かれたことを分析した後、すべての人々が彼らの弱さと欠点を持っているという事実を受け入れることは重要です。

人が他人に興味を持ち始めたとき、人の質が消えてしまうので傲慢さ、注意を払い、評価し批評するのをやめます。

傲慢さは未熟な人格に内在することが多い。成熟した人は開発に制限がないことを認識します、どんなビジネスでも最も成功した人がいるでしょう。社会が存在することを理解することは重要です。ある人は他の人を補完し、人生で大きな成功を収めた人はあまり成功していない人を教え、それを楽しんでいません。

Загрузка...