心理学と精神医学

男と女の間の友情

男性と女性の間の友情は彼らの議論に多くの熱心な反対者と支持者を巻き込む人気の物議を醸す問題です。男性と美しく弱いセックスとの間に真の友情があるかどうかを主張して、友情が可能であると確信する人もいれば、男性と女性の間に友情がないことを先験的に確信する人もいます。男性と女性の間の友情のしるしは何ですか?私たちが知っている友情を同性の人々と同性の友情の間で区別することが必要です。

性別の異なる友人と距離を置いて時間を過ごすことができますが、ホテルの共同部屋で一緒に暮らしたり、強い飲み物を飲みながらリラックスしたりすることで、友情の枠組みから抜け出すことができます。自然な本能は、病気、年齢、同性愛者によって抑制されていない場合に役割を果たします。男性と女性の間には友好的な関係がないという事実の支持者、異なる性的友人の隠された親密な動機は彼らの主な議論を提案します。

例外は、たとえば長い間一緒に暮らしていたことなど、性的関心を完全に満足した元恋人同士のコミュニケーションです。そしてここでパートナーの以前の同情のフラッシュがありそうです。私達が知っているのも不思議ではない - この友情は夜の到来と共に弱まる。生理学はその犠牲を払い、ある段階でそれは前進し始めます。そのため、2人の女性、2人の男性が完全に信頼するという親密な友情は、友人が過去に配偶者ではない場合や同性愛者でない場合は、性別の優れた男性とは不可能であると言われています。あなたは同僚やクラスメートと交差することができますが、その関係は長期的に見れば、かなりの量のコンディショナリティを持ち、親密さよりも友好的です。

みんなと友達になりたいが、彼らからの嫌がらせを受けたくない多くの女の子は、友達としてゲイを選びます。これは、後者にとって多くの利点があります。彼らは通常自己陶酔的な性格を持ち、一人で女の子の利益を享受し、感情的であり、美しさにも焦点を当てており、会社を作り、アドバイスをし、偏りのない意見を述べることができる。彼らは、異性愛者の男性の注目を集めるための女の子のための競争を構成しない。そのような友人はうまく写真を撮ることができて、美しいヘアスタイルをアドバイスすることができます - しばしば、彼の友人は羨望によって動機付けられないでしょう。競争を容認しない自己陶酔的な女性は、同性愛者との交流が多いです。

あなたが長い間一緒に住んでいたならば、彼はあなたの元配偶者である時に友情はチャンスを持っています。あなたは解散しました、そしてあなたはお互いをよく知っています、あなたは子供、仕事、そして友達がいるかもしれません。特別な印象を与えるために、あなたがそれを征服したいと思う興味深い物としてではなく、親戚としてそれを知覚します。しかし、心理学者が言うように、前者の関係は現実的に終わらなかったことが起こり、ゲシュタルトは閉ざさなかった、片側、あるいはその両方が関係の復活の希望を大事にしました。ここでも友情は脅かされています。

他の場合では、友情は短命であるか、それは破壊されるか、またはカップルが形成されて関係は継続しますが、しかし密接に関係しています。少なくとも一人はほとんどいつも同情を感じます、その中で、彼には彼に告白する権利がないように思われます、その時現在の関係は崩壊するでしょう。あなたがただ彼の気持ちを開くのを恐れているただの友人であるならば - 経験はそれが告白をすることがより良いことを示唆しています、それは難しいけれども必要であるようにしなさい。 2人目が本当に友人であるとき - あなたは理解されるでしょう、そして一緒にあなたは正しい意思決定に来るでしょう、時間を浪費する、希望を持ってあなた自身を育てる、あるいはコミュニケーションを続ける、同情を受け入れる、あるいは感情が互恵を見つけるときカップルになりさえします。

男と女の間に友情はありますか?

多くの場合、後半は異性の人々と彼らのパートナーの友情に対する不満を表明し、これは上記の理由で正当化されます。我々が理解したように、義務的な条件、男性と女性の間の友情の本当の徴候はまさにそれらの間の密接な関係または片側の同性愛です。

男性と女性の間の友情は可能ですか?経験豊富な人々が主張する - 微妙なレベルで異性愛者の友情の外観を持っていることは関係です。女性が男性を信頼するならば、彼は感情的に彼女に近づいています - 彼女は無意識のうちにいるが、彼を恋人として認識します。はい、おそらく彼との親密な関係はありません、しかし、彼女は彼にとても誠意をこめて近づいています、それで彼女は彼女の思考、彼女の心を開きます。

私たちが知っているように、一夫一婦です。女性が外国人男性と友達になっている場合、彼女はもはや夫と友達にはなりません。女の子の魂の伴侶は1つしか持てません - 良い関係のために、これは彼女の夫であるべきです。友人を持つ女性は彼女の夫ではありません、彼女の夫との共通事項を持つことができますが、セックスに従事しますが、彼の愛の充満にはできません。したがって、女性が家族の外に友人を持っている場合、家族はすでに部分的に破壊されていますが、夫は状況を支配しておらず、離婚まで小さな低下が残ります。女性は自分の経験について男性に話すために、自分の魂を開く必要性を強く持っています - 彼女がこれをするとき、彼女は親密な幸福を得て、保護、サポートとケアを感じます。だから女の子は同時に二人の男に同時に開くことはできません。

強い家族と彼女の夫とのガールフレンドの存在も不可能です。男性が異性愛者、健康で、エネルギーを帯びているならば、彼はただの友達にはなりません。なぜなら、彼は感情的にも肉体的にも縛られるからです。男性がガールフレンドを探しているとき - 彼女とコミュニケーションをとることにおける彼の目的は、リラックスし、リラックスし、理解を見つけることです。男は住みやすくなり、穏やかになります。家では、彼は妻とあまり信頼できないでしょう、彼は寒くなります。

あなたが答えを探しているなら、男性と女性の間に友情があります、彼らが同じ年齢の異なる性別の友人との密接な、秘密のコミュニケーションがあるとき、たとえそれが微妙で明白でなくても彼らは親密な魅力を経験することを知っておくべきです。そのような暖かく、実際には愛の感情を感じて、あなたは彼にあなたの心を開きます。実際、これらの関係は友情よりも結婚に近いです。

男女間の友情 - 心理学

関係としての純粋な形での友情、その中で男女間の関係の話題が完全にカプセル化されている、特に心理的観点からの親密さは可能ですが、非常に限られた数のケースでは可能です。そして、原則として、望ましくありません。

男性と女性の間の友情のしるしは何ですか?そうでなければ友情は嫉妬と破裂の挑発になるので、それは孤独な人々のためにのみ存在します。

人生の多くの例は、異性の友情が同情を伴い、しばしば関係にあふれることを示しています。たとえば、女の子がボーイフレンドを持っていて親友を持っている場合、ボーイフレンドとの最初の衝突で、彼女は常に彼女の側にいる理解人として友人に手を差し伸べ始めます。おそらく彼女はこの友人の中に、快適さ、愛情、思いやり、そしてその後に愛を見つけることでしょう。したがって、友人は無意識のうちに予備の飛行場として行動します。それとも悪意を持っていない少女が男性として活気を取り戻すことができます。彼が女性として彼女の近くにいる場合は、カフェで請求書を支払い、世話をしてひいきにします。同時に、彼は彼自身を男性としての反応を得ません、しかし彼の行動によって彼は彼を頼りにしていることを示します。分析した後、女の子の行動の開かれた動機の中で、私たちは失敗から身を守り、現在のパートナーと衝突し、しばしば幼児主義を破りたいという欲求を見つけるでしょう。

女の子や男がそのような取り決めに慣れた場合、彼らがパートナーを持ち、同時に親しい友人や側の友人を持っている場合 - あなたはそれを心理的な構造、彼らによって選ばれたロールモデルとさえ見なすことができます。そのような三角形は、参加者の一人が捜査官として働き、別の一人が犠牲者として、そして三分の一がライフガードとして振る舞う、カープマンの理論を通してよく発達している。そのようなモデルに従うことの破壊的な点は、三角形の参加者が必然的に役割を変えるという事実にあり、それは悪質なシステムを形成します。

あなたの関係のパートナーが異性との友情を探しているとき - これはあなたへのサインです、あなたは彼に何かを与えることはありません、彼はあなたが取り組むために必要なものを示しています。しかし、パートナーからも彼らの欲求を理解し、対話に行き、強化し、そして関係を破壊し続けてはならないという欲求があるべきです。あるいは、関係が若いのであれば、パートナーはそれに慣れていません。それぞれは何の変更もなくそのままです - 友人は、通気口、退院、あなたのそれぞれの側にいる人々の役割を果たすことができます。しかし、あなたが半分以上の友人を信頼し続け、そしてお互いに近づくならば - 関係への適応そして起こらないであろう、彼らはすぐにやむでしょう。

男性と女性の間の友情 - 男性の意見

男性は男性と女性の間の友情が彼らの経験の中でその脆弱さを経験したので可能であると信じていない - 彼らの性的本能はより顕著である。男性と密接にコミュニケーションをとる女性にとって、彼はほとんど親密な関心を持っています。成熟した幼年期の友人とのコミュニケーションでさえ、成人男性と女性の間のコミュニケーションに発展します;状況下では、男性は友人の中に魅惑的な物を見るでしょう。

一方、若い、ロマンチックな気持ちの女性は、より高い接触、コミュニケーション、そして感情的な親密さを最初に求めるかもしれません。そして、それは友情の形で取りやすいです。彼らは性欲の力に基づいているので、したがって、女の子は男との友情に惹かれます - 彼女はより親密さを持ち、親密度はより高く、関係は補完的です。

自分自身がそのような友情の試みに直面している経験豊富な男性は、彼らのガールフレンドが人との友情を信頼するとき状況に懐疑的です、そして、彼女が彼女自身のために類似の友人を得るならば、彼女は彼らのガールフレンドの友人は、実際には彼女の心の候補者であるか、親密な絆を求めています。男はそれを女の子に、あるいは彼女の友人にさえ説明しようとし、彼は男のように会話を始めます。

男が彼のガールフレンドについて真剣であるならば - 彼は彼女が完全に彼であることを望みます。それは肉体だけではなく、魂と心も意味します。霊的な愛としての友情は少女を人間関係から引き離し、彼女のパートナーは親密なものになるだけですが、この形式では時間が経つにつれて、女性が離れるにつれてそれは止まることがよくあります。女の子が友達を持っている場合 - 彼女は精神的な面で彼女は彼女の男をもっと好きではないという事実について考える必要があります、彼女は彼に向かって処分されていません。

より厳しい規則を持つ国では、家父長制的メンタリティ - 男女の友情は概念としては存在しません。この手順はあなたがストレスの量を減らし、業績に人を集中させることを可能にします。より大きな自由度はしばしば嫉妬を引き起こし、それは関係におけるエネルギーの大部分を燃やします。

セクシュアリティ友情への理想主義的な態度は通常年齢とともに通り、経験はその逆を示し、友情は短命であることが判明し、個人的な関係に崩壊または流入します。その上、女の子は、理解していたこと、感情的な近さ、および共同の娯楽に基づいて、そのような友人の懐かしい思い出と簡単なコミュニケーションをしばしば保持します。女性も愛からこれを望んでいるので、友情はそれへの前置きとして分析することができます。そのような友情の中で性的な本能を見たがらないというのは、自分自身と異性または偽りを知らないことの結果にすぎません。

友情を装った男は、女の子への同情、チャンスなしにそれを達成したいという願望を隠すことがよくあります。したがって、彼は求愛のための都合の良い瞬間が来るか、または女の子が彼に注意を払うことを望んで、友人ゾーンにいることに同意します。そのような友情はしばしば女の子にとってできるだけ楽しいことになります - 男は微妙に彼女のことを気にかけています、問題を解決する準備ができています、そして関係のフォーマットは彼が彼女の空間に侵入することを許しません。女の子は男の本当の動機を推測することができますが、しかし、彼らの利益を維持しながら、彼との関係をあきらめて、それらを明確にしないでください。