コミュニカビリティは、取得した人の質であり、最も定性的かつ適切な方法で生産的な対話を構築するためにその人の能力を使用することができることを表しています。科学的パラダイムでは、社交性は質であり、個人のコミュニケーション能力だけでなく、互換性を検索し、他の人々とのつながりを築く能力も示します。それは、参加者としてだけでなく、この種の活動のリーダーそして主催者としても、一緒に働くための高い能力としてそれ自身を明示しています。これは、特定のクライアント志向またはコミュニケーション志向の活動における重要なポイントですが、これとは別に、コミュニケーション可能性はメイン作業の他の方向への追加のボーナスとなることがよくあります。

親密なコミュニケーションや友情の分野では、社交性は生産的な接触を確立する能力を意味します。人生の例では、これは、人が興味深い対話を長期間維持する能力、対話者に興味を持つ能力、支援する能力、および周囲の人々の共感的理解の要素として表現することができます。否定的な観点からは、対人的相互作用における正確な社交性という言葉は、喋りやすさや邪魔性とみなすことができますが、これらの概念はその用語の真の意味全体を反映するものではありません。

どういう意味ですか

人のコミュニケーション能力の高さ、および社交性のレベルの低下は、人の生来の資質ではありません。これらのパラメータは、神経系のタイプ、保護者の家族における建物の相互作用の特殊性、本の中に内在する人の個人的な好み、および周囲の社会を含む多くの要因の影響により個別に形成されます。ピアグループとその中の個人の居場所、結果としての精神外傷、あるいはその逆のサクセスストーリー、複雑で自尊心の高さも社交性のレベルを示すものです。対人関係のスキルに寄与する要因から分かる限りでは、この品質は特定の年齢では最終的には形成できませんが、原則として開発の最終バージョンを意味するものでもありません。

状況によっては、人が高いコミュニケーションスキルを示すことがありますが、社会環境や自己認識の変化によって、このレベルが非常に低いレベルに低下することがあります。彼らの社会的役割の認識(それが独立して割り当てられているか参照グループによって課されているかにかかわらず)は、コミュニケーションを含む人間の行動の特徴を大きく左右します。ですから、あなたが娘、兄弟、息子、妻として紹介されている環境では、家族の問題がなければコミュニケーションスキルのレベルは上がります。自分をリーダーと見なす人は、日常的な状況ではこれらのスキルを失う一方で、インスピレーションと、オフィス内で独占的に交渉を行う能力とに気付くことができます。

コミュニケーションスキルの基礎は、他の人々に対する偏見の欠如、自分たちの生活を組織する方法、そして態度、価値観、そして共通の世界観であると考えられています。大まかに言って、対話の開始時に利用できる予備的評価が少なければ少ないほど、より真剣な関心、現実的かつ自然な質問、そして他者の意見の認識に対する寛容性が高まります。この質の反対は、ラベルと概念の遵守、そしてあなたと人が長い間一緒に暮らしているならば、あなたは彼らの反応の前にいるという不条理な錯覚への没入です。そのような先入観は、互いに話されているフレーズの数の点でコミュニケーションを制限するだけでなく、意味の充足と発達の可能性の一つを奪い、彼を内部的に貧弱にします。

社交性は常に会社の中に現れています。そのような人は、大多数が対話するのが面白いという点で、彼の身振りや表情、そして情報を提示する方法がユニークで面白いという点で異なります。物語が鮮やかに語られ、退屈な情報でさえも興味深い解釈で巧みに提示されるときには、優れたストーリーテラーの質が必ず存在すると言えます。社交性とおしゃべり性や社交性などの表現を混同しないことが重要です。他の場合では、人は単位時間あたり多くの単語を作り出すかもしれませんが、物語は退屈になるでしょう、または人は素晴らしい物語の語り手かもしれませんが、すべての物語は最終的な目標を持っていません。

社交性は常に特定の目標を持っています - 不機嫌なクライアントとの交渉、あなたの対戦相手を納得させる、良い印象を与える、対立を解決する、必要な決断をするように人々を説得するなど。

コミュニケーション能力が非常に発達している人は、正しく話された言葉の本当の影響と意味を理解しているのでおしゃべりしません。通常、これらの人々は十分に確立されたスピーチとディクショナリー、高レベルの一般的なエリュージョン、ならびにコミュニケーションの内なるタクトと文化を持っています。主な特徴は、対話者が自分自身の最低限の発展を享受し、恩恵を受け、そして少なくとも自分自身で最小限の発展を遂げ、あるいは行動や新たな反省を実現するための新しい方法を切り開くことです。

この品質の長所と短所

外向性が世界を支配するとき、社交性は最も望ましい資質の一つとして認識されています。多くの欠員では、この特徴はインタビューの間、そしてあなた自身の肖像画を書く間、必須の範囲に収まります、開発されたコミュニケーション能力の言及は常に人に利点を与えます、そして日常生活の中で彼らはそのような人々と友達になります。

社交性の人気は、それがそれ自体だけでなく、他の関連したそして有用な機能への支持をも与えるという多くの前向きなことを持っているという事実のために。彼は他の人々と交渉したり、自分の利益を促進したり、あるいは紛争から抜け出したりすることができるので、そのような人は常により成功しています。対戦相手を理解するスキルがあるため、友人でさえ非公式なコミュニケーションはもちろんのこと、そのようなチームとの友人であることが多い - 誰もが理解し、独特で、面白いと感じ、このメリットの大部分は彼らに属さないとは思わない。

この特性は、関係を築くだけでなく、本人自身の幸福にもプラスの効果をもたらし、自信と落ち着きを与えます。これは、変化する状況への最初の対応、対立の解決、または有利な方向への転換の機会です。他人の尊重もまたボーナスです - 彼らは助言を求めたり、誰かに話しかけたり、誰かの決断に影響を与えたりすることができます。通常、そのような問題での支援は長い間記憶されています。つまり、ある人は自分のスキルを使って自分自身で助けを簡単に見つけることができるだけでなく、他の人々も自分たちを助けてくれます。

社交性は人生にもっと自信と活動を与え、実現するのを助け、そしてそれ故野心のレベルを上げる。誰もがより多くのことをし、質的な面で自分自身を現す部下を持ちたがっているわけではありません。競争の恐れ、そのような人の隣の劣等感は、やる気のない解雇や通常の活動の妨害を引き起こす可能性があります。それが1つとコミュニケーションすることを目的としたのでそれが最初にこの特性を引き付けたとき、それは関係において同じです、しかしそれから人がこのようにしてみんなと相互作用することがわかります。せいぜい、誰がより高価であるかという話題に関する関係の嫉妬と絶え間ない明確化が続くでしょう、最悪の場合、発信者とコミュニケーションをとる人が重い複合体を開発し始め、永久的なトラウマ化が起こり、そして人の状態は悪化します。高レベルのコミュニケーションスキルを持っている人は、以前の優れたインタラクションで何が起こっているのか理解できず、関係を保存しようとし、その結果、以前の便利で心地よい自己表現に関して自分自身の複合体を開発します。

本人に関しては、社交性が高まることによるマイナスの影響もあります。それは、勤務先と勤務地を慎重に選択する必要性に帰着します。これが数字と技術に関連する活動であるならば、すぐに感情的な燃え尽き症候群が起こるか、または自然は引き継ぎます、そして、人格はその権威と指示を超え始めます。もう一つの付随するポイントは、人が何かを言うときとても魅力的である芸術性の増加ですが、それは結局微妙で親密な瞬間で、誤解されるかもしれない過度に比喩的に見えるかもしれません。

対人関係のスキルを伸ばす方法

コミュニケーションスキルの発達は心理学者、コーチ、そして様々な事業分野のコーチの間で人気のあるトピックであり、その要素は個人の成長プログラムにも含まれています。コミュニケーション能力は、社会的世界におけるあらゆる発展の不可欠な部分です。個人が自分の修辞的、カリスマ的、そしてコミュニケーション能力を独自に向上させることができると同時に自信のレベルを高めることができる多くの勧告もあります。

最優先事項は、すべてのコミュニケーションの機会を避けることをやめることです。コンサルタントとやり取りしないようにするために、早い時期に誰もが馴染みのないパーティーやインターネット上の商品を注文しようとした場合は、少なくともインタラクションの可能性を排除するために特に試す必要があります。最初の段階では、自分自身に負担をかけずに自分自身でコミュニケーションの開始者になるべきではありません。活動を待つだけで十分です。そして、ぎこちなさを克服するにつれて、それはますます明らかになります。

計画されたコミュニケーションの前に、それはエスケープオプションよりもこの時からあなたの喜びを計画する方が良いです。楽しいことは何も起こらず、何も新しいことが聞こえないことを理解している場合でも、会話をどのように拡張できるかを検討することをお勧めします。これが職場での対決である場合は、自分で解決策を提案して協力について上司に尋ねることができます。その後、脅威と屈辱のための選択肢は減ります。友人があなたにやって来て、同じ経験を常に言っているなら、すぐにあなた自身の手でイニシアチブを取ってください、あなた自身のナレーションを始めているか、映画館または公園でのセッションに彼を連れて行ってください。

コミュニケーションの基本は活動の絶え間ない出現に還元されます。最初にこんにちは、あなたが彼に気付いた人を見せてください。大都市や企業では、人々が自分たちと交流したいのかどうかを調べようとしているだけなので、これは特に当てはまります。微笑と挨拶は対話を始めるのに十分でしょう、そして、彼が対話の準備ができていないならば、あなたはただ楽しい印象を残します。

対話がすでに始まっているときは、やりとりを台無しにするような手続きを避けるようにしてください。標準的な丁寧な関心は、すべてが正常であるという文よりも少し多く答えなければなりません。それで対話者は対話の継続に固執するために現れます。あなた自身があなた自身について語っているという事実に加えて、個人的な瞬間からあなたが言われそして次の会議で興味を持っていることを忘れないでください。コミュニケーション能力を自然に向上させる主なもの - 対話者への真剣な関心。通常の視点から見た古い知人でさえ知覚するのをやめ、予想外の質問をし、アドバイスを求め、あなたの意見を共有しましょう。

Загрузка...