人格低下 - これは逆の発達、後退、安定性の喪失、活動の弱体化、作業能力の低下、そして精神的バランスです。簡単に言えば、人はすべてのスキルと能力の枯渇と同時に固有の特性を失います:判断、感情、才能、活動。

そのような人格低下の症状は、過敏性、興味の狭まり、記憶および注意の機能不全、適応能力の低下として識別することができる。また、不注意、自己満足、性格の弱さの発達において違反が表明されることもあります。

最も深刻な種類の性格の低下は、不注意、痴呆、環境との接触の喪失、環境への完全な無関心の形で現れている不調和と見なされます。記載されている障害の一般的な原因はアルコール依存症であり、アルコールを含む液体の乱用によって引き起こされる重度の身体障害および神経機能障害を伴う。アルコール依存症者は社会的つながりを失い、職業的機能を失い、仕事にも苦しみます。

人格低下の原因

「無駄」が原因で脳は萎縮しているので、霊的に発達しなくなると人間の対象は完全に劣化していると考えられています。個人の衰退には多くの理由があり、個人に対する自身の信仰の喪失を引き起こし、それが存在に対する興味の喪失を引き起こします。そのような人々は知的に発達するのをやめ、現在の出来事を監視します。彼らは自分の古い趣味を忘れています。また、自分自身の存在に対する興味の低下は、愛する人の死、希望の崩壊、あるいは一連の失敗によって影響を受ける可能性があります。独身者は個人的な崩壊を起こしやすい。

これらの要因は、ほとんどの場合、それ自体で個人の衰弱を脅かすことはありません。記述された違反は、人々がアルコール中に忘却を求めたいという願望を導きます。遅かれ早かれ、そのような有害な「情熱」は激しい飲みに生まれ変わりました。

アルコール依存症と個人的な衰弱は、2つの不可分の概念です。この場合、アルコール依存症は同時に人格の破壊の原因となり、また悪化の結果である可能性があります。

個人の精神的な衰退は現代社会の実際の問題です。多くの場合、定年退職により、年齢区分の人には個人的な衰退が生じます。多くの心理学者は、専門的な退職活動の終了は人々に有害であると確信しています。責任と責任を頭脳に持たせる必要性の欠如は次第に個人的な資質の弱体化をもたらします。

これに加えて、精神的な注意力と思考の明快さを保っている高齢者がかなりいます。老年期の個人が多面的な人であり続けようとするならば、引退年齢が文ではなく、新しい達成のための時間と機会を解放するだけであるならば、常に彼自身のための新しい娯楽活動を思い付く。さらに、問題となっている違反は、精神疾患または器質性脳の病状(てんかん、統合失調症、外傷)の結果である可能性があります。

個人的な衰弱の問題は、独身者や愛する人の喪失を経験したことのある人にしばしば起こります。相対的な失望を失った人々は憂鬱な状態に陥り、それが素早い個人的な衰退につながります。人間の大部分は、苦しんだ不幸のために自分たちの生活を返済しようとする試みにおいて、そのような行動によって次第に自分自身を殺します。そのような試みは遅延自殺と呼ぶことができます。

多くの場合、個人的な発達の後退の原因は罪悪感です。無用で余計であると感じる個人は、より良い資質の喪失を特徴としています。さらに、連続して失敗したために被験者が自分の可能性を信じることをやめた場合、パーソナリティの低下の可能性も高くなります。

個人的な財産の弱体化に寄与する多くの要因、すなわち薬物中毒、意欲の欠如、残酷さ、老人の狂気、卑劣な怠惰および先延ばし(不快な事例または重要な任務を軽視するため)があります。しかし、まず第一に、個人の精神的な低下は、思いやり、知性、愛、そしてソウルフルネスの欠如によるものです。それはこれらの列挙された構成要素であり、人を人間の主体から引き離します。

重度の形態の個人的な衰弱と見なされる老年期不全症は、進行性疾患と呼ばれ、これは不可逆的な精神障害です。その発生の理由は毛細血管の病理学から生じる、脳で起こる過程の萎縮です。遺伝的要因が状況を悪化させる可能性があります。

病気は徐々に進行しています。行動パターンの異常はすぐには見えません。初めに、個人は、心を欠いた、やや忘れる、わいせつな、貪欲な、そして自己中心的になります。病気が進行するにつれて、症状は明るくなります。記憶が悪化し、起こらなかった事件の誤った記憶が現れる。起きていることへの完全な無関心および不注意などのような、失調症における人格低下のそのような主な症状を除外することができる。

パーソナリティ低下の兆候

時間内に対応し、愛する人を助けることができるようにするためには、行動の異常にすみやかに気づくことが必要です。

人格の社会的悪化は、人間の主体の外観とその内部状態の変化の両方に見られます。劣化している被験者は、話し言葉、彼自身の容姿、きちんとした、そしてきちんとしたことにあまり注意を払いません。彼のスピーチはより合理化され、そして彼のソーシャルサークルは限られています。患者は自分の存在に不必要なトラブルをもたらす人々を避けます。下降する人を定義するモットーは「欲しい」というフレーズになります。親戚、家族、その他の問題から次第に外れていった。

劣化の経路を選択する人は、他人を考えたり気にかけたりしたくはありません。彼はフェードインして自分自身に突入し、愛する人から離れていくようです。性格の完全な破壊のずっと前に、差し迫った劣化の最初の前兆が現れます。趣味の輪は主に一般的な文化的関係で狭められます:彼らはコンサートや演劇に出席しません、彼らは読むのをやめ、テレビ番組を見ます。彼らは、気まぐれさ、矛盾、不満、そして不器用さと共に軽快さ、平気、軽蔑、不注意を特徴とします。下降する個人は、なめらかな、皮肉、嫌悪感の減少、恥の感覚など、表面と明るさ、そして彼らの行動によって特徴づけられる、なじみのある迷惑な主題に変わります。自己中心主義、自己愛、詐欺などの機能が進歩しています。

症状が悪化するにつれて、知的障害がより明白になります。そのような人の性質は変容します。下降する人は、暑くなり、いらいらします。否定的な世界観、起こることすべてへの偏見、不安と内なる恐れが主な特徴となります。加えて、個人は記憶の減少、興味の狭まり、判断の貧弱さを有する。集中力は劇的に低下しています。

性格の低下の兆候は - 意志の欠如、不注意および過度の満足度です。人格破壊は、ずさんな外観、外観の中断、空白の外観、不適切な行動を裸で垣間見ることで見ることができます。

著名な心理学者A.マスローは、性格の社会的悪化は次のような進行段階を特徴とすると主張した。

- 「ポーン」の心理学の形成 - 「学んだ無力」の現象(人は状況または他の力に完全に依存していると感じる)。

- 初期のニーズが支配的になったときの基本的な商品の欠如の出現(食物、生存、性的満足)。

- 「純粋な」周囲の社会の形成(社会は「良い個人」と「悪い個人」、「自分自身」と「部外者」に分けられる)、彼らにとっての社会的世界は白黒のようになる。

- 自己批判の増加の出現 - いわゆる「自己批判」のカルト(対象は彼が犯していない行為においても有罪を認めます)。

- 語彙の貧弱化(被験者は自分のスピーチの中で小学校の順番を使います。彼が何かを説明するのは困難です。形容詞の選択は特に困難です、なぜならそれは人間の感情や感情を表現するからです)。

- 「神聖な基盤」の保護(個人は世界観の基本的前提条件について考えたくない、彼は自分自身の「崇高な基盤」について疑いを持っていない、そのような人はそれらに懐疑的に見えることができない。

- さまざまな依存関係の出現

以下は、人格低下の脅威を平準化する12の重要な側面です。

- 読書、それは「灰白質」を訓練し、脳を縮小させることを許さない、古くからの人々の知恵を含む本なので。

- 人生で最も困難な時期でも外観に気を配る。

- 悪い習慣との闘い(アルコールを含む飲み物の過度の消費、食事中の法外な失禁、喫煙マリファナ - 先進先進国に値しない職業)

- 最高の信念(悲しい悲観論者が退化の最初の候補者である)。

- 愛の感情(あなたはあなたの両親とあなたの親戚、ペット、パートナー、人生の残りの部分を愛する必要があります)、愛する人は決して落ちません。

- 問題が解決されればそれは存在せず、そして解決策がなければ不安と不安はそれを取り除くのに役立たないので、あなたは世界が不公平で人々が不幸であるという理由だけで苦しむ必要はありません。

- 自己啓発(新しいものを勉強する、教育用ビデオを見る、様々なトレーニングを訪れる、読む、第二の教育を受ける - これがすべて人を下降させることはできません)。

- 犯された悪い行為に対する避けられない報復に対する信念(大多数の犯罪者は、彼ら自身の独占権、ひいては死後の裁判所の前と現在の法律の前の両方の確信のために犯罪を犯した)。

- 道徳の規範(嘘、盗難、羨望、ゴシップの繁殖、意地悪、そして無駄なことをすること)を遵守すること。

- 卑猥な言葉を悪用しないでください。マット、卑猥な言葉が魂を破壊するからです。

- 猥褻さの原則を守ること(性器の公的な引っ掻き、鼻の上での拾い上げ、指の舐め、またはプレートの舐めは、個人的な衰弱の兆候と見なされます)。

- 人間の対象が生きている間は、あきらめてはいけません。なぜなら、彼の死後にのみ何も変わらないからです。したがって、どんな状況でも戦う必要があります。

アルコール依存症における人格低下

多くの人がこの深刻な病気に苦しんでいます。しかし、ひどい統計は誰にも止められません。誰もがアルコール依存症は彼には起こらないと思いますし、中毒の飲み物は自分のスネアに引き込まれません。最初は、ある人が自分の好きなものを選んでアルコールを試すだけで、それから中毒性の飲み物を乱用し始め、それが破壊的な中毒を引き起こします。この場合、飲酒者はアルコール飲料の法外な解放がこのひどい言葉 - アルコール依存症によって呼ばれていることを理解することができません。

アルコール依存症と呼ばれる精神的進行障害は、薬物乱用の種類に関連する慢性疾患のカテゴリを指します。それはアルコール依存症の漸進的増加、アルコール含有液体の使用に関する自己管理の減少、体性機能不全の進行的発達、しばしば攻撃性の増加、浅い思考、自身の行動の批判的認識の減少、および不正確な運動として現れる。この疾患の最終段階は、社会的接触の喪失、著しい運動失調、性格の破壊によって特徴付けられる。

個人的な衰弱と慢性アルコール依存症の問題は、表裏一体の関係にあります。アルコール飲料を乱用すると知的活動が中断され、記憶力が低下し、自己批判がなくなります。アルコール依存症は社会や状況をあらゆる問題のせいにする。アルコール依存症に苦しんでいる人々は、失礼になり、過度に自信を持ち、無反応になり、魂を失い、間違って、冷笑的になります。彼らの睡眠は邪魔され頻繁な目覚めを特徴としています。服用量が増加し、そしてより頻繁になるにつれて、アルコール依存症者は彼らの趣味を狭める。彼らの考えはすべてアルコールについてだけであり、他にはそれらに興味を持たせることはできません。アルコール依存症患者は日常生活の多くの状況の意味を認識していません、周囲の社会はそれらに触れていません。熱い飲み物を乱用する人々は本を読んだり、劇場やその他の公共の文化イベントに参加するのをやめます。これが人格の低下がどのようにデビューするかです。

親戚、子供、パートナー、チーム、友人、アルコール中毒者に対する社会的責任および義務は、完全に弱まるかまたはなくなります。彼らは彼らの嫌悪感、恥、そして罪悪感を失い、その結果として彼らは不機嫌になり、なじみやすく、迷惑になり、彼らの行動のばかげたことや不正確さを理解しません。アルコール依存症はしばしば対象の職業活動において拘束力のない商売に変わる。彼は新人を習得すること、集中すること、未成年者から重要者を切り離すことができません。

飲酒者の動きは、制動衝撃の緩和により加速され、不正確さおよび作業の欠陥が現れる。その結果、資格の喪失、解雇または降格、社会的つながりの喪失が生じます。アルコール依存症者は自分自身の転倒を認識せず、誤った誤った約束を与え、印象を与え、現実を美しくしようとします。ユーモアの酔っ払いは重要な話題について平らな冗談でいっぱいでした。アルコール依存症者は他の人たちに自分たちの感傷性とこっけいな率直さをもたらします。飲む仲間に囲まれて、彼らはお互いを非難し、相互無私無欲と献身を納得させます。彼らは会社を避けている人々を非難し、敵対的に議論します。

職場では、アルコール依存症者は、重要な利益を失うことなく、必ず公務を回避しようとします。果てしない人口学の背後で、酒飲み家は仕事への正式なアプローチ、彼らの怠惰を隠そうとします。

個人的な後退の最初の症状は、アルコール含有液体の体系的な乱用の開始から約6〜8年後に顕著になります。

中には興奮しやすい人もいれば、気楽で控えめな人、軽薄な人、気まぐれな人、ぐるぐるする人、無関心で憂鬱な人と不活性な人、親密な言葉で嫌悪感のある人などがいます。多くの場合、ある状態を別の状態に置き換えることができます。人生の中の何人かの飲酒者は、自分自身を最悪と考える臆病で不安定な対象者です。そのような患者では、自尊心は控えめです。しかし、中毒の状態はそれらを変身させ、それらを誇らしげでうるさい個人に変えます。彼らはトラブルを起こし、理由もなく気分を害しがちです。冷静な状態にあるそのような人々は非常に静かな対象であり、そして中毒で彼らは乱暴で戦闘機に変わります。ほとんどの場合、この行動は家族の関係に現れます。自分自身を抑制したり統制したりする必要がない場合です。

アルコール分解は人に有害な影響を及ぼし、家族を破壊します。彼女は、酒屋の親戚の苦しみ、隣人の不便、職場環境の問題を抱えています。アルコールによって引き起こされる逆の人格発達は、歌う人の生活と社会を醜くします。アルコール依存症は人格の喪失につながり、個人の社会的死を引き起こす深刻な病気です。したがって、法外なationsationsによって引き起こされる個人の衰弱の適時の治療はとても重要です。すべての人が健康で完全な存在になる権利を持っているので、アルコールを含む飲料への過度の欲求は必然的に扱われなければなりません。

アルコールを含む液体の摂取を絶対的に拒絶することを条件として、身体の変性、人格の低下による影響を排除することができます。

アルコール依存症によって引き起こされた人の劣化の治療は心理療法士の力量の範囲内であり、アルコール含有飲料への依存の排除は麻薬専門医の責任です。十分な治療効果を得るための最も重要な条件は、飲酒者によるアルコールまたは他の中毒性の液体の有害な影響に対する意識、および将来のアルコール含有飲料の消費を放棄したいという患者の希望です。 Соблюдение перечисленных условий позволит максимально облегчить задачу медиков, что благотворно скажется на самой терапии, а также поспособствует скорейшему избавлению от проявлений деградации.

個人の性格の破壊の結果を排除することに焦点を当てた治療的措置は、アルコールの完全な拒絶を含むだけでなく、心理的援助と愛する人からの援助も必要とします。親戚やアルコールに近い環境は彼にもっと注意を払うべきです。破壊的な牽引から永久的に自分自身を解放することにした個人は最も近い人の助けを必要とします。そして彼らは確かに彼らの信念を必要としません。最近のアルコール依存症患者が飲酒について考えるのをやめるのはかなり難しいことがよくあります。したがって、家族の仕事は破壊的な魅力からの気晴らしです。あなたは病気の親戚だけでなく、彼の気をそらすことができる趣味を思いつくことができます。そして、それは自由な時間と考えを取ります。それ以外の場合は、失敗のリスクが高いです。アルコール依存症に苦しんでいる人は、親戚や友人の支援がなければ、このひどい病気を取り除くのはほとんど不可能です。

Загрузка...