心理学と精神医学

愛の心理学

愛の心理学 - これは未知の領域、何千もの詩人、小説家、さらには学者のお気に入りのトピックです。最後に恋をしている人の行動は、いかなる科学的コミュニティも説明できない。恋人は謎であり、同時に科学への挑戦です。結局のところ、愛は自律的に存在し、それ自体で生き、論理と理性の法則に従いません。それは人々に破壊的な影響を及ぼし、内部のすべてのものを焼却し、そして創造的な「それを天国へと引き上げる」。ほとんどの人は恋人を少し気が狂っていると考えているので、愛そのものは一種の精神病と見なされています。しかし、多くの科学者によると、愛は個人の社会化の手段、社会的相互関係のシステムへの彼の関与のメカニズムです。

愛と人間関係の心理学

この夢を実現するために成功したのは、地球上のすべての人が望んでいるデスベッドと幸せな家庭生活への相互愛です。信頼と真の繁栄の関係は、両方のパートナーが男性と女性の間の愛の心理学の違いを理解しようと努力した場合にのみ発展します。

愛の心理学と男性と公正なセックスとの関係はかなり異なります。これは歴史的に起こったが、配偶者のすべての関係は基本的には社会が発展するにつれて発展した生活様式の中で築かれてきたので、以前はこの区別はそれほど急激には認識されなかった。配偶者がどのように振る舞うべきかを述べた数千年の間、彼らは彼らにも一定の義務を定めたという一般的に認められた基礎がありました。家族生活、恋愛関係、結婚生活に関する現代的な見方はやや変化しています。

したがって、たとえば、過去において、妻の役割は家族の家庭内サービスと家族関係のすべての参加者の世話に限定されていました。今日、女性は秩序によってではなく、個性への権利、彼らが好むように生きる機会への権利を勝ち取るために飛躍的に努力しています。以前の性の弱いセックスの代表者の急激な解放は、人口の男性と女性の間の理解の喪失をもたらしました。結果として、当然のことながら、恋をしている女性の心理、その行動、気分、そして恋をしている男性の心理は、かなり大きな変化を遂げてきました。

美しいフェミニンは元来強者の代表とは異なる性質を持っているという事実に加えて、今日では常に社会の有益な効果によって影響を受ける可能性がこれまで以上に高まっています。これらすべてが相まって、彼らは異性をさらに理解できなくしています。人の中では、すべてが特定の分に向けられています、彼らの有機体はエネルギーの速い一歩のしぶきに適応しています。女性はだんだんともっと塑性的に行動します。

愛する女性の心理学は、最初のターンでは、レースを続けたいという願望によるものです。愛の感覚は、イブの娘を本当に女性らしくします、それは彼らの美しさと魅力を明らかにして、彼らを優しくて親しみやすくします。女性は男性の身体的な面ではるかに弱いです、少なくとも、これは元来自然によって意図されていた方法ですが、ジムの女性のための新しい悩まされている流行はこの文を特定の数の女性にとって物議を醸します。いずれにせよ、女性は強い半分よりもはるかに厳しいです。彼らはまた、子孫の世話をする必要があるので、彼らはより発達した責任感を持っています。

美しい女性は、人口の男性よりもはるかに感情的です。心理学は、愛の感情的な表れを生理学的特徴と見なしています。さらに、感情は母性の本能の重要な要素です。結局のところ、新しい感情的な母親が赤ちゃんとの密接な感情的なつながりを持っていない場合は、その後、彼女はしばしばそれを拒否します。

基本的に、女性の愛の心理学全体は、母親になりたいという願望と関連しています。科学者達は彼らの外見による美しい若い女性への関心は、生殖の本能によって引き起こされた男性を引き付けたいという欲求によるものであると確信しています。遺伝的および生理学的に決定された要因は、女性が攻撃的になる傾向ではありません。女性と紳士のもう一つの重要な違いは、ホルモンレベルの影響に対する女性の気分の感受性です。そのホルモンは、一見したところ、選択されたもののわずかに不適切な行動によって引き起こされる可能性があります。

愛と人間関係の心理学、あなたが愛していることをどう理解するか

夫婦間の相互理解とパートナー間の信頼関係を確立するためには、常に反対の現実観が2つあることを忘れないでください。したがって、成功し、幸せで長期にわたる関係を築くためには、愛と愛、性的欲求、友情の心理学が含む違いを勉強し、家族生活の中でこれら4つの要素すべてを巧みに組み合わせることが必要です。

心理学の観点からの愛は、相互の幸福と相互の信頼に基づく自由な関係を意味します。それは3つの側面を隠します:道徳的な(義務)、感情的な(親密さ)と身体的な(情熱)側面。

愛の道徳的要素は、問題に対する共同の解決策を作ろうとする意欲を意味します。この側面は、パートナーの立場や感情、道徳的原則、知的能力および尊厳の尊重に基づいています。尊重は、関係における信頼と忠誠心の保証人です。

愛の感情的な面は、親密さ、連帯感、友情です。愛は友情と密接に関連しており、その根拠は共通の見解、目標、願望です。愛のパートナーでは、個人的なものが一般的なものに変わるとき、そしてその逆のときに、友情は心の親密さと団結のためにピークに達します。これはパートナーにとっての喜び、彼に対する共感、彼のタッチを楽しむこと、言葉に取って代わること、他から隠された本当の感情を伝えることです。普通の友情はそのような親密さを意味しません。そのような親密さは、共通の利益に加えて、友情に魅力があるときにだけ起こります。

愛の物理的側面は、情熱、この行動の特徴、そして覚醒に基づいています。パートナーが身体的満足の唯一の源であるとき、そのような強さの性的な魅力。愛の対象は最も望ましいものであり、他のパートナーはまだ引き付けられていません。

愛の心理学のこれらすべての側面は、関係を築き発展させるためにも同様に重要です。異なるペアでは、それぞれの種類の愛に特有の、それらの異なる組み合わせが存在する可能性があります。しかし、いわゆる「真実の愛」は、これら3つの側面に基づいており、それらは同じ割合でとられています。

愛と愛の心理学には、独自の特徴があります。愛の状態にあるパートナーにとって、関係の親密な意味合いは重要です、親密な愛が優先事項ではないので。孤独感を避けるためにお互いに手を差し伸べることを愛する人々、本当にお互いを愛するパートナーは自給自足であり、彼らの内なる世界はパートナーからの独立によって特徴付けられます。愛は物の存在下でのみ熱狂的な状態の出現を特徴とし、愛においては幸福は持続的です。愛は持つ欲求であり、愛は与える欲求です。 1つ目は赤ちゃんの行動と比較することができます。これは「欲しい」という唯一の欲求によって支配されています。2つ目は経験のある賢明な大人の行動です。最初のもの - 壊滅的なもの、2番目のもの。恋をすることは外的な属性や確証の存在を必要とし、愛は夫婦が一方向に動くことを望むことです。

したがって、そのトピックが「愛と人間関係の心理学、あなたが愛されていることをどう理解するか」ということであれば、まず自分の心に耳を傾けることを学び、言葉と非言葉の性質のしるしに気づきます。

恋する男性の心理学

アダムの息子たちは秘密の謎に満ちた生き物として女性に見られていますが、似たような意見を持ち、美しい女性についての強い半分の代表者たちです。女性の脳は、「彼が何を考えているのか」、「彼の行動を理解する方法」、「彼の頭の中で一般的に起こっていること」という考えに常に苦しめられています。多くの場合、男性の行動は単にイブの娘を困惑させます。男性と女性が頻繁にそれらを見つけたくないときにどのように共通の根拠を見つけるのですか?そして彼らが望むのであれば、私はその方法がわからないだけです。

恋をしている男性の心理学はまさに助けを意味するものです。最初のターンでは、1つの簡単な事実を理解する必要があります。全員が幸福を求めて努力しますが、全員がこの状態について独自の考えを持っています。 1つは自分の存在に満足していると感じるのに十分おいしいです、もう1人は幸福を知らずに、彼の人生のすべてを最後まで渡します。誰かがいつものことの美しさを見てそれから喜びを得ることができます。他の人は幸福への道の次の目標に到達した後、あなたの前に次のバーを設定して、空っぽく惨めに感じます。同時に、ほとんどの人が同じようなニーズを持っています - 安全保障、出産、尊敬、愛。これらは本能によって生み出される固有の人間の願望です。ほとんどの男性は、女性の心を選ぶときに、豊かな内なる世界と美味しい料理を作る能力という基準に基づいて、たゆまぬ努力を繰り返しています。

恋をしている人の心理学は、より強い性別の代表が非常に狡猾であるというものであり、後半を選ぶときに一般的なこれらの基準を呼び出します。最初のターンでは、恋愛関係にあるアダムの息子たちは、若い女性が彼の美しさの基準を順守していることに基づいています。潜在意識レベルの男性は、主に彼女の容姿に基づいて、特定の女の子を支持して彼の選択をします。後になって、コミュニケーション的相互作用の過程で、男性は選ばれた人とその経済の内的世界を評価し始めます。したがって、最初のランデブーで、その人に彼の料理の成果をすべてペイントする必要はありません。

恋する男性の心理学は古代の本能によるものです。その結果、人に自分の成功への自信を植え付ける。これから、強者の行動の主な要素と愛の心理学を導き出すことができます。

- あなたが好きな女の子を征服するための和解できない願望。

- 常に関係を支配する傾向。

- 自分の優位性を感じたいという願望

- 他の女性を好きにし、彼らの見解を引き付けることへの欲求。

- 愛と注意が必要です。

恋する男性の心理学は当初、征服し征服するという当たり前の本能に基づいています。多くの若い女性は、愛する人たちが彼らの最愛の心を勝ち取るために多くの能力があることに気づいています。したがって、紳士が愛について「歌って」、時間の不足の中に隠れて絶えず会議を延期しても、めったに電話をかけないで、これは彼の言葉がすべて空であることを示しています。

本能は、注視の好きな目を賞賛するために、より強いセックスの代表者を無謀な、そして時にはわずかに不適切な行動にさえプッシュします。この場合、女の子はそのような無謀な行動が永遠に続くとは思わないでください。恋人を征服するプロセスは通常短時間続きます。その男が選ばれた人の心の中でしっかりと支配していることを男が確認するとすぐに、彼はますます頻繁に突然の贈り物を配って驚きをするようになります。より強い性別のまれな代表者は彼らの人生を通して彼らの選ばれたものの世話をすることができます。それで、美しさは抑えられ、女性の心の誇り高い征服者は安静にし、支配的な男性が前面に出ます。

恋愛中の男性心理学は、強いセックスの代表にとって、家族の中で最高であることが、関係を支配することが非常に重要であるということです。多くの場合、女性は自分の愛する人の口から自分たちは常に正しい、すべての決断は彼らの後ろに残っている、そしてそのような表現を支持する唯一の議論は男性の人種に属することであると言うのを聞きます。そのような支配したいという欲求は本能によって決定されるのではなく、むしろ、それは少年の家族で採用されている関係モデルと同様に、育成によって決まります。支配する男性の十分な欲求、彼と戦うために不利益として認識する必要はなく、根絶する必要はありません。結局のところ、女性はまだ弱いセックスであり、そのために自然は炉の飼い主になることになっていますが、決して彼の保護者ではありません。さらに悪いことに、妻が自分の壊れやすい肩や夫、「稼ぎ手」、そして子供たちを引っ張らなければならないとき。

恋する男性の心理学は、選ばれた人の注目の的になりたいという願望にも現れています。みんな賞賛には貪欲です。それゆえ、人は彼の最愛を称え、彼の独自性を強調し、彼が親切で、賢くそして単に素晴らしいとは何かを言うべきです。この場合、賞賛は露骨なお世辞ではありません。 dithyrambの欠如は彼の長所を評価することができる人の側で捜索するように配偶者を推し進めます。

結婚している男性には、他にもわずかに他の愛の現れがあります - 心理学はそう言います。確かに、上半身の代表にとって、結婚という言葉は自由の喪失と関連していますが、それでも彼らはいかなる制限も非常に恐れています。さらに、配偶者がいくら稼いでも、彼の社会的地位はどうであろうと、彼は指揮を執って担当する傾向があります。時々男性では、家族が彼ら自身を主張し、命令の声を出すことができる唯一の場所です。また、「男性」は経済的な妻を夢見ています。そしてここでそれは配偶者のどれがより多くの自由時間を持っていても関係ありません、配偶者の多くは台所です。しかし、すべての男性がこのように行動するわけではありません。女性は、たとえ彼らが最も賛成の紳士を得たとしても、あなたは遠くに行ってはならず、決断を下す権利を守るべきであることを覚えておく必要があります。自由が制限されすぎて絶えず圧力を受けていると人が感じた場合、彼は近い将来野生に暴走するでしょう。家族との関係を重んじる賢くて愛情深い配偶者は、どんな状況でも男性が家族の頭のように感じるように生活を調整しようとするべきです。確かに、人口の男性部分にとって、実際の力は名目上の力の存在ほど重要ではありません。

恋をしている男性の心理は、性的欲求や親密な関係と密接に関係しています。以下は、配偶者の男の目との完全な親密な生活について説明しています。まず第一に、より強い性別は、ベッドの生活の中で高みに感じるはずです。したがって、共存のこの分野では、女性は熱狂的な歓声や賞賛を救うべきではありません。この関係の分野では、配偶者もまた支配しようと努力し、そして彼は許される必要があります。この場合、それは不必要ではなく、時折主導権を示し、ベッドで優位に立つでしょう。

強者の代表のベッドで心理学は完全に彼らの本能によるものです。だからこそ、親密な関係にある男性は、強くて、巧みに、そして魅力的に感じたいのです。配偶者が忠実な人の隣にいるようにそのように感じるならば、彼は間違いなく側の誰かを捜しません。

プロの親密な球体に加えて、釣りや航空機モデルの設計など、男性が趣味で理解されることも重要です。したがって、暴君の立場に立つためには、夫にそれに従事することを禁じ、それが彼に喜びを与えることは最善の戦略ではありません。どんな禁断も、より強い性によって自由の制限として認識され、それは解放されたいという欲求を導くでしょう。男性は自由に愛する生き物であり、あなたが交渉することができ、禁止によって行動することはできません。ペアの制限は、どちらにしても常に関係に害を及ぼすだけです。

女性は、石の要塞の背後にいるかのように感じるように結婚で欲しいだけでなく、自分たちが安全であること、裏切られないこと、自分が愛され、誰かに受け入れられることを望みます。さらに、人は安全を感じるだけでなく、彼の心に愛するすべての人々の保護で彼を取り囲むべきです。これは先天的な本能の現れでもあり、それは以下のような態度で簡単に定式化することができます:私の領土、私の財産、私の妻など。家族に対する責任、自分の財産、所有者の意識 - これはすべて、人口の男性の代表者にとっても非常に重要です。したがって、女性は、自分の配偶者の保護と支援を感じることがいかに重要かを自分の愛する人に見せるよう奨励されています。さらに、あなたは夫が彼らが強く勇気があることをもっと頻繁に言う必要があります。

女性は男性の成功を見失わないようにすべきです。彼の最愛と熱狂的な言葉の目の中の賞賛だけがさらなる業績への男をプッシュします。その女性とだけ、男性は一生生きるでしょう。それによって、彼は自分自身の独自性と意義を感じます。

本質的に、愛と人間関係の心理学、彼らがあなたを愛していることをどうやって理解するのか?

実際には、男性の行動の基礎と心理学の主な側面の知識は、最愛の人の心を勝ち取るという点で弱いセックスへの主な助手です。 С возрастом приходит мудрость, а путь к знаниям открыт всегда, было бы желание. Лишь понимание специфики поведения влюбленного мужчины позволит построить здоровые, длительные и счастливые семейные отношения. И если любимый начал все реже делать сюрпризы, не стоит поддаваться панике, считая, что избранник разлюбил.結局のところ、彼は単に彼が自分の最愛を征服したと決心しただけなので、彼は今物質的な幸福の面倒を見て贈り物を待つ必要があります。

初恋の心理学

若い頃や後期の若い頃に、ため息を見て、足が衰え、暑く、息をのむような、手のひらの汗をかいて口の中で乾いたときに、初恋、感情を乗り切ることができなかったというテーマに出会うことは稀です。私が絶えず私の愛する人に近づき、彼に会い、聞きたいと思ったとき。相反関係がない場合、しばしば気分の悪さ、眠りや食欲の喪失、ひそかに溜まった一見、そして互いの愛を込めて、色とりどりの暴力、幸せな気分、労働能力の向上、エネルギーが鍵を凌駕します。彼らに少なくとも彼らの熱を少し与えなさい。

最初の気持ちは、欲、欲望、所有したいという欲求にとらわれない、最も純粋なものであると信じられています。初恋は高揚感であり、それに対する態度は常に最も深刻なものです。結局のところ、一度それが魂に由来すると、他のすべてが即座に背景に後退します - 研究、スポーツトレーニング、そして趣味は放棄されます。すべてが去り、ため息をつける目的が一つだけあります。しかし、初恋は永遠に続くことはできません。彼女は、人生の他のすべてのものと同じように通過しますが、傷はかなり深く残ることがあります。

最初の愛は時々取り残されるという精神的な苦悩にもかかわらず、それについて覚えていること、彼らの経験について話すことは多くの人にとって喜びです。心理学が反対を言っている間深い青春のこの美しい感覚を経験したことがある人はそれが一目で愛であると確信しています。

初恋 - 人間関係の心理学。一見して見知らぬ人と恋に落ちることは不可能です、あなたは体の重力感を経験することができるだけです、そしてそれはより深く何かに成長することができます、しかしこれは時間がかかります。即座に愛の感情は生まれません。真の愛、関係の経験、魂の団結、一方向への願望、忍耐と理解、共通の見解、態度、興味、そして原則の出現のためには、生じたすべての喜びと悲しみを共有したいという願望が必要です。一見すると、上記のすべてが表示されることはできません。

心理学は、一見すると愛を否定します。愛はただの感情ではなく、一瞬の印象ではないからです。それは両方のパートナーの仕事に時間をかけたものです。

心理学は重要な個人的なテストとして愛の関係の最初の経験を取ります。彼女は、人格形成の最終段階は、人がどのように愛の状態を経験するかに正確に左右されると主張します。

すべての人は社会的存在です。彼は特定の生活状況、行動パターンなどを決定づける社会に住んでいます。次の役割を果たすことで、各人は行動の仕方を正確に知っています。例えば、子供はどのように振る舞うべきかを理解し、大人は家族の幸福のために何をすべきかを知っています。しかし、初恋の感情が現れたとき、自分自身が何をすべきかについて考えるために決定を下さなければなりません。この役割では、個人は同時に学生と試験官です。彼らは単に書くことができないので、規定されたルールはありません。結局のところ、愛は不合理です。初恋の状況では、人はもはや成功した学生や思いやりのある父親ではありません。ここで彼は選ばれたものに関して開く必要があります。それが本当にそうであるように、あなたの最愛の人の前に自分自身を提示すること。

この高い感情を経験することによって、恋人がどんな種類の車を持っているか、どんな種類のアパート、親権、物質的安全性について誰もが疑問に思うことはありません。この気持ちはロマンス、光、そして純粋さに浸透していますが、最初の愛は無償で授けることも人を破ることもできるので、表面的に扱うことは不可能です。

しかし、もっと興味があるのは、本当の最初の愛の感情がまれであるという事実です。この気持ちを経験したことのない人はたくさんいますが、何年も経った後に初恋の目的を忘れることができない人もいます。

心理学者は、最初の愛の感情は完成するべきだと確信しています。彼については、喜びや悲しみを呼び起こし、憧れやうつ病を呼び起こさない、心地よい光の思い出だけを残すべきです。そしてさらにもっと経験豊富な関係に戻る必要はありません。過去への回帰は、人にさらに大きな苦痛を与えることを非難します。初恋の対象に対するいわゆる「こだわり」は、結婚の失敗につながります。結局のところ、今日の生活に不満は過去の関係の理想化につながります。

初恋の目的を取り戻そうとする次の要因は、感情が分裂しやすい人の個性の構造です。たとえば、既婚女性は自分の配偶者を愛しているように見えますが、同時に彼女は自分の頭の中で他の可能な選択肢をスクロールします。そして機会が与えられれば、それから女性は抵抗できない。

自己愛欲的な傾きは、以前の関係に戻る第3の要因です。わがまま、自己崇拝、自分の人の崇拝は、それほど多くの熱意、賞賛があった時間を忘れることを許すものではありません。そのため、多くの穏やかで楽しい言葉が最愛の人から発せられました。

しかし、最も重要な要因は、人々が時間外に存在する素因と考えられています。彼らにとっては、「常に」1つのカテゴリしかありません。そのような人々は、何年も経ち、状況が変化し、何も戻ることができないという事実にもかかわらず、今までに起こったこと、人々、過去の関係を、今の自分たちの生活の構成要素として捉えています。自己愛主義的人格は、初恋を過去の感情としてではなく、不可分なものとして捉えています。

しかし、人々が最初の気持ちで「失速」したときではなく、若い年齢でこの感覚をまったく経験していないとき、最初の愛が40歳になったとき、状況はより危険です。そのような状況は、この感覚の崇高さと創造性にもかかわらず、それ自体が持っている肯定的な感情には壊滅的です。壊滅的な状況になるのは、この年齢では一人ひとりがすでにある生き方をしている、ある家族にはすでに子供たち、仕事、そして幸せな生活に必要なすべてのものがあるということです。そして突然、予期せぬことに、人生のすべてを変え、日常の生活様式を変え、さらには家族を破壊するという感覚が生まれます。結局のところ、うめき声​​の目的のない生活は無意味です。これには、先​​発的な愛という遅刻感の主な危険があります。

遅かれ早かれ、最初の愛心理学の状態がすべての人を追い越すことを理解する必要があります。それは相互に関連している場合もあれば、喪失している場合もありますが、一生の間記憶されます。それによって生成された感覚は人が自分自身を再認識するのに役立ちます。初恋は人々に愛を教えるために必要です。

Загрузка...