心理学と精神医学

いたずらっ子

いたずらっ子 - これは、子供の個性を高める過程で両親が最もよく直面する問題の1つです。ある時点で、大人は自分の子供が従うことを拒む、大人の親戚からの要求や命令を満たさない、あるいは部分的に満たすということに気付き始めます。子供たちはそれに反抗してそれを具体的に行います、そして彼らが割り当てをしているならば、そして棒の下から。

そのような行動の理由の不従順な子供は、親によって使用されるコミュニケーションの相互作用のスタイルと教育的影響のモデルにあるかもしれません。結局のところ、それは子供の性格全体としての方向性と彼の従順のレベルを形成するのは育成とコミュニケーションのスタイルです。今日では、まず第一に、権威主義的な教育モデルの父親は、パン粉の意欲的な領域の積極的な抑制です。この行動モデルは訓練に似ています、なぜならそれはなぜ彼らが何らかの行動を実行する必要があるのか​​を子供に説明するという目標を追求していないからです。これは親子関係に緊張をもたらし、その結果は子供の不服従になるかもしれません。

子供の不従順は悲劇ではありません - それは、良い行動と悪い行動を決定するためにパン粉を助けること、そして彼ら自身の行動に注意を払うことだけが両親と内側の円の残りの必要性です。

いたずらっ子2歳

ほぼ2歳までの子供の不服従の問題は、実質的に成人の環境の前では発生しません。確かに、この段階では、赤ちゃんは母親とより広範囲に相互作用し、そしてまた独立した人のようにはまだ感じていません。 2年という小さな節目を乗り越えた後、すでに彼は、親の忍耐と禁止の境界の強さをテストすることからなる行動を見せ始めました。

そのような行動は両親を怖がらせるべきではありません。子供に何か問題があると考えるべきでもありません。ただパン粉が開発の道を行きます。

子供の不服従に楽しい瞬間があります。結局のところ、子供たちが両親に反抗しようと様々な方法で従わないとすれば、これは強い個性が高まっていることを意味し、意志を示し、自分の立場を守ることができる。そして、子形成のこの段階で両親が彼らの権威になることができれば、それから子供は自給自足のそして独立した人格に成長するでしょう。ここであなたは権威の征服は子供たちの脅迫に基づいていないことを理解する必要があります。子供の前での権限の取得は、理解とパートナーとのコミュニケーションに基づいています。赤ちゃんは両親が要求するものを犯すことを余儀なくされることができます。しかし、なぜそのような行動が必要なのか理解せずに、子供たちは親の前で排他的に彼らを演じます、そして、彼らの不在の下で、彼らは好きなように行動します。

ほとんどの専門家によると、性格が形成され始めるのは2歳の時であり、3歳の時には、赤ちゃんは本格的な "I"を持っています。その結果、重大な瞬間を見逃さないことが非常に重要です。そうでなければ、後で教育の過ちを修正することは非常に困難になります。

不従順な子供を育てる方法、彼がすべての「欲しい」の即時の成就を達成するためにかんしゃくを巻き上げるときに何をすべきか。幼稚なヒステリーによって引き起こされる困難な状況から抜け出す方法の1つは、赤ちゃんの注意散漫な方法です。この目的のために、完全な心の安らぎを維持しながら、彼に何かに興味を持たせることは可能です。子供が犯した最初のヒステリーにおける両親の行動は以下の通りであるべきです - 落ち着いた反応と回復力。子供の気まぐれについては続けないでください。子供が初めて大人が彼に譲歩しなかったことを覚えているので、tantr、涙と悲鳴をはるかに少なくなります。再ヒステリシスは、彼が本当にこの方法で両親に影響を与えることができないかどうかを確認するための一種のテストです。したがって、繰り返しのかんしゃくの場合には、バランスの取れた行動をとること、そして子供の挑発やトリックに屈しないことがとても重要です。

親は、ある意味ではカメレオンのように自分の子孫であることを理解する必要があります。似たような状況と同じですが、大人が異なると子供の行動は異なります。多くの場合、お母さんのいる子供たちが懲戒処分を受け、父親の命令が疑われることなく最初から執行される家族と出会うことができます。

したがって、大人は、2歳で現れる子供の不従順は、親の強さをテストすること、または許可されていることの限界をテストすることだけを試みることができるということを理解するべきです。したがって、親の行動は、一貫性があり、よく調整されていなければなりません(つまり、教育の瞬間に参加するすべての成人が単一の戦略を導くべきです)。

いたずらっ子3歳

子供の発達はけいれん的に進行します。最初のレースは3歳の赤ん坊に来て、大人の環境とそして現実の世界との関係を再構築することにある危機段階の始まりを示します。この期間は子供にとって非常に困難です。結局のところ、彼らは成長し、したがって変化し、制御不能になります。危機段階の特徴は、子どもの否定性です。これは、子どもの両親との意見の相違です。言い換えれば、赤ちゃんはどんな提案や親の要求にも "not"の助言を加えます。 「いいえ」という言葉が、赤ちゃんの会話の中で通常の要求にますます入り込んでいることに両親が気付き始めた場合、これが3年間の危機発生の最初の基準となります。たとえば、パン粉は通りを歩くのが大好きですが、お母さんが散歩に出かけようとしたら、「いいえ」と答えるか、親が彼に食事を呼びかけますが、お腹が空いているのに拒否します。この行動は否定性、すなわち3年間の危機の発生を示しています。

典型的には、この期間は、適切な親の行動を伴って約3〜4ヶ月の期間を有し、その後、パン粉はより扱いやすくなる。この段階で、親が同時に赤ちゃんにプレッシャーをかけ、自立の意欲と願望を否定すると、ネガティブは大人の生活の中で彼の特徴的な特徴になるかもしれません。

危機的状況における子どもの不従順は、小さな人の発達と捉えられなければなりません。不従順の現れは喜びを持って取られるべきです、なぜならこれは小さな男が成長し発達することを示しているからです。しかし、これは大人が幼稚な気まぐれの機会に踏み出して自分の子供の要求に応えるべきであるという意味ではありません。大人には聞こえ、理解することはできますが、現時点では要件を満たすことができないことを子供に理解させる必要があります。

いたずらっ子の原因は、注意力の欠如、権力闘争、人格の表れにあるかもしれません。

3歳の子供の不従順の理由は、親の注意が欠けていることです。この場合の子供の不服従は、親の注意を引くための行動戦略であるかもしれません。結局のところ、子供たちのために両親の否定的な注意は全く全くよりも優れています。

大人の環境との権力闘争も、子供の不服従の出現を引き起こす一般的な要因です。 3歳の子供が誰が家族関係を支配しているかを知り始めます。この場合、不服従は開かれた不服従の形で表現されます。いたずらっ子は危機的な段階にはない、ただ彼が望む方法でのみすべてが起こることを望んでいる。そのような不従順は芽に詰め込まれるべきです。結局のところ、赤ちゃんはそれが親が家族の中にあることを知っているときにのみ正常に成長します。そのような不服従は家族で許される明確な限界の定義を要求します。

上記によると、両親は気まぐれでいたずらっ子はまだ悲劇ではなく、絶対にすべての赤ん坊が行く形成の段階の1つであることを理解しようとする必要があります。

いたずらっ子4歳

子供の不従順は、ほとんどの場合、そのような行動の理由となる可能性があること、または子供が言いたいことについて考えるために、親や他の大人の環境の基礎として機能します。それでは、なぜ子供はいたずらなのでしょう。そのように振る舞うようにパン粉を動機付けるのはなぜでしょうか。

4歳のとき、子供たちは概してすでに3年間の最初の危機的時代を乗り越えてきた。両親は簡単に呼吸できるようですが、やはり彼らの子供は不従順を示し始めます。両親は何が起こっているのか理解できないし、なぜ子供は従わないのか?

4歳の子供の不従順の理由は注意力の欠如だけです。そのような方法で子供は、彼が両親を必要としていること、彼がそれらを欠いていることを示すように努める。

子供の不服従の別の典型的な原因は悪い例かもしれません、それは同じような行動で彼の目標を達成する本当の子供、または子供が同情する漫画のキャラクターである場合があります。

4歳のいたずらっ子は大人の環境からの忍耐力と高い忍耐力を必要とします。多くの場合、子供たちは望ましい結果を得るために公の場でいわゆる「コンサート」を手配します。結局のところ、彼らは、たとえ彼らがこのふるまいについて一人の親によって叱られたとしても、他の人が彼を保護する理由を見つけることを理解しています。したがって、子供の不服従の是正のためには、親が教育戦略の一貫性を遵守し、一様な要求に従うことが非常に重要です。言い換えれば、赤ちゃんの大人の環境全体がある行動に対して彼を賞賛するか、逆に言えば彼を叱ることです。

子供は、特にそのような若い年齢で、賞賛を必要とします。ですから、自分の子供に優しい言葉を残念に思ってはいけません。しかし、過度の賞賛は完全に反対の結果につながる可能性があることに留意する必要があります。その結果、自給自足の人は成長せず、自尊心が過大評価された自我中心の人が成長します。そのため、赤ちゃんは自分の容姿やおもちゃではなく、本物の善行を称えて称賛されるべきです。より大人の環境は彼の善行のために子供を賞賛するでしょう、彼がもっとしようとします。そして両親の間の教育の瞬間に関して意見の相違がある場合は、赤ちゃんが聞こえないように話し合うべきです。

4歳のいたずらっ子を育てるには?いたずらっ子を育てることは基本的な規則に従うことを含みます。最も重要な規則は、すべての幼稚な「欲しい」の耽溺を禁止することです。言い換えれば、子供の不合理で気まぐれな要求に従うべきではありません、そうでなければ、彼の欲望を満たすためのこのメカニズムは彼の頭の中で延期され、その結果としてこの行動は彼の将来克服することははるかに困難になります。また、叫び声を教育的手段として使うことはできません。それは無用であり、泣くかヒステリーを増加させるだけであるからです。

そのような議論の犯人の存在下で大人の輪の中で子供の行動を議論することはお勧めできません。会話のトーンは落ち着いている必要がありますが4歳の子供は行動の必要なルールを説明する必要があります。

いたずらっ子6歳

子供はなぜ6歳でいたずらなのですか?彼は別の危機段階の始まりに近づいているからです。子供たちはルールに従って自分の行動を規制しようとし始めます。傷は柔軟であり、彼らは突然彼ら自身の人への特定の態度、彼ら自身への注意に対する様々な種類の主張をし始めます。彼らの行動は大げさです。一方で、子供たちは直感的に侮辱されていると認識されているという事実のために、大人の環境を苛立たせるような、いくらかの実証的な素朴さが行動に現れる。その一方で、子供はそれが大人のためのそれ自身の規範を作るので、あまりにも大人であるように思われます。

子供のために、知性の整合性と崩壊に影響を与えます。したがって、この段階は誇張された形の行動の存在によって特徴付けられる。子供は自分の感情をコントロールすることができません(感情的な症状をコントロールすることはありません、それらを抑制する方法がわかりません)。結局のところ、以前の行動の形式はすでに彼のために失われていて、新しい行動はまだ子供によって獲得されていません。

この段階の基本的な必要性は尊重です。どんな子供でも、大人として自分自身の主権の認識を扱うために、自分自身の人の尊重に対する主張を発見します。そのようなニーズが満たされない場合、理解に基づいて個人との関係を築くことは不可能です。子供たちは彼らが尊敬されているという条件でのみ理解することに寛容です。

6歳になると、赤ちゃんは自分自身の肉体的および精神的ニーズを自分自身やその環境に受け入れられる方法で満たすことを学び始めます。新しいアイディアや行動規範の研究が困難であると、正当化されない自己抑制と必要以上に必要な自己管理が出現する可能性があります。 E.エリクソンは、この段階の子供たちは、彼ら自身の欲求と興味を社会的に受け入れられる境界に含めるのを助けるであろうそのような行動形態の迅速な発見に焦点を合わせていると主張しました。彼は対立の本質を「罪悪感の擁護におけるイニシアチブ」という式で定式化した。

子供たちの自治を促進することは、彼らの知的領域とイニシアチブの形成に貢献します。子供の自立の表明に不運が常に伴う場合、または子供が何らかの罪に対して過度に厳しい処罰を受けている場合は、自立と責任を追求することよりも罪悪感が優勢であると思われる。

6歳で気まぐれで不従順な子供は、子供たちの願いに対する親の態度と子供の可能性の不一致のために現れることがあります。だからこそ、両親はすべての禁止事項の妥当性と、子供に独立性を表現するためのもう少し自由を与える必要性について考えるべきです。

子供に対するあなた自身の態度を変えることもまた望ましいです。結局のところ、彼は彼が前にいたことを小さなパン粉ではありません。したがって、あなたは彼の判断と立場を慎重に扱う必要があります。

6歳のいたずらっ子に対処するには? 6歳の秩序と道徳は効果的ではないので、子供を強制するのではなく、彼に対する彼の信念に影響を与え、彼の行動の結果を考え、分析することが必要です。

多くの場合、親子関係を改善することは、コミュニケーションと楽観主義における通常のユーモアを助けます。

いたずらっ子 - 何をするか

まず第一に、いたずらっ子を育てることは、不従順を引き起こした原因を特定することに向けられるべきです。教育的影響力の戦略は不従順の理由に依存しているので。

赤ちゃんが突然両親に従わなくなった理由を説明する最も一般的な理由は年齢の危機です。子供は3歳の危機を経て出生から過渡期に渡り、それぞれの結果は新生物の出現です。例えば、3歳の子供は初めて自分の母親から自分自身を切り離し、自分自身を独立した人と見なすことを試みますが、彼らはまた初めて自分自身の代名詞を使い始めます。

6歳から、赤ちゃんは未就学児と学童の組み合わせで危機に瀕しています。この段階では、子供たちが新しいルーティンに中毒になり、責任とともに一定量の自立を得ることで、両親が不服従と感じる行動反応に変化が生じます。したがって、危機の時代に不服従が的確に生じた場合、両親は辛抱強くなるよう奨励されているので、子供に対処する際には優しくするようにしてください。ほとんどの場合、危機によって引き起こされた子供の不服従は、危機期間の終わりに痕跡もなく通過します。

不従順が親の注意力の欠如によって引き起こされている場合、いたずらっ子を育てるにはどうすればいいですか?この場合の大人の環境は子供とより多くの時間を費やすこと、ビジネスへの興味を示すこと、協力的なゲームに参加すること、そしてちょうど家族との余暇を過ごすことを試みるべきです。結局のところ、赤ちゃんの誕生は、喜びだけでなく、本格的な自給自足の個性を育み、形成するための自分自身の責任についての理解を伴う必要があります。そしてそのためには、最低限の注意を払って食事をするだけでなく、子供に十分な注意を払う必要があります。

多くの場合、親は、赤ちゃんには禁止されすぎることを認識していません。 Если любое действие крохи сопровождается постоянным родительским "нельзя", "только не это", "не ходи", то вполне естественной ответной реакцией его становится сопротивление. Вследствие этого родителям стоит осознать, что тотальный контроль не является оптимальным способом для формирования гармонично-развитой и самостоятельной личности.

6歳での恒久的な外部統制の出現は、重大な決断を下すことができない、依存し、無責任で、容易に依存している人の発達につながるでしょう。

いたずらっ子 - 何をする?自分の子供を教育するとき、両親は自分の目標は身体的に発達した個人、調和のとれた独立した人を形成することであり、彼らのために自分たちの生活を送ることではないことを忘れないでください。小さな人格を育てるための大人の最も重要な仕事は、子供たちに自分たちの経験を蓄積する機会を与えるために、正しい方向性の発達、基本的価値観の移転、そしてタイムリーな余裕を残すことです。

親は教育的な瞬間に、まず第一に、知恵と正義、愛とケアに頼らなければなりません、そしてそれから平和と調和は家族関係において支配するでしょう!